欲しい傘、見つけました!


umbrella
「五月雨をあつめて早し最上川」といった松尾芭蕉の一句にもあるように、この「五月雨」を意味する「梅雨」のシーズンが今年も到来。これから、全国的に本格的な梅雨を迎えます。恵みの雨がたくさん降り注ぐこの梅雨の季節、外出時に必要不可欠なものといったら、やっぱり傘。スタイリッシュなお気に入りの傘で、楽しくこの時期を過ごしましょう!

【CONTENTS】
Page1:
■Knirps×Style Store 自然のリズムに想いを馳せて
■Knirps×Style Store 雨の後、木漏れ日が射し込む瞬間
Page2:
■世界初! 折り畳み傘を発明したブランド「Knirps」
■12本骨傘で丈夫な、スタイリッシュデザイン傘
■「こどもと、あなたの、こころを育てる」傘

Knirps×Style Store
自然のリズムに想いを馳せて


Knirps
折り畳み傘 X1 "Meditation garden" 6,090(税込)/Knirps (All About スタイルストア)
All About スタイルストア2周年記念の第1弾として企画された「つくり手コラボ」。この企画によって、世界で初めて折り畳み傘を開発した名門傘ブランド「Knirps(クニルプス)」と日本発オリジナルデザインの傘が誕生しました!

この折り畳み傘をデザインした河本静香さんは、高知を拠点として活躍しているデザイナー。『Meditation garden(瞑想の庭)』と名付けられたこの傘のイメージソースは、日本庭園。グレーの水玉模様は、禅寺の枯山水庭園の砂紋から。樹木や草花、そして岩や砂などの庭園を構成する要素には、それぞれの時間が流れているもの。そのような庭園の中に存在する時間の流れを、水玉の異なる間隔の配列によって表現したといいます。

Knirps×Style Store
雨の後、木漏れ日が射し込む瞬間


Knirps
折り畳み傘 X1 "Cloudy, fine later" 6,090(税込)/Knirps(All About スタイルストア)
こちらの折り畳み傘をデザインしたのは、プロダクトデザイナーの斎藤善子さん。『Cloudy,fine later(もうすぐ晴れるよ)』という、なんだか気持ちが軽やかになるようなそんなネーミングが、持つ人をちょっと幸福な気持ちにしてくれます。

「雨の日に木立の中を歩いていて、ふと見上げると、木々の間から木漏れ日が射し込む……誰もが感じたことのある、ちょっと幸せを感じる瞬間を絵にしました。雨が止んで、傘をしまう頃には気分も晴れやかになっている、そんなきっかけにこの傘がなってくれればうれしいです」

日常的なちょっとした瞬間に、ささやかな幸せを感じられるような、そんなココロのゆとりを持つことを思い出させてくれる、愛らしい傘です。

上記2本のデザインとも、名門傘ブランド「Knirps」とのコラボレーション。ドイツ語の辞書で「Knirps」という単語を引くと「折りたたみ傘」と表記されていることからも、その実力と認知度の高さを理解できるほど有名な傘ブランド「Knirps」。

これらの傘のデザイン性はもちろん、注目すべきはそのサイズ。折り畳むと長さ16cm、直径6cmとコンパクトな大きさで、重さは傘のみで228g、専用ケースにしまっても285gと超軽量。また、傘骨にもこだわりを持っており、一般的な折り畳み傘は傘骨が6本のものが主流となっているのですが、このクニルプスの傘は傘骨が8本となっています。

さらに、親骨にグラスファイバーを使用することで、軽量でありながら耐久力があって丈夫。強風対策、UV加工された速乾性のある傘生地、防水仕様の専用ケースなど、すべての面において、唯一無二の折り畳み傘。


次のページでも、引き続きKnirpsの傘や、丈夫でスタイリッシュなデザイン傘、そして子供の感受性を磨く傘をご紹介します!