遺産分割協議の注意点

遺産分割協議の注意点・まとまらなかった場合・心構えは?

遺産分割協議の注意点・まとまらなかった場合・心構えは?

遺産分割協議によれば、遺産は、どのように分けても構いません。相続分に従わなくても構いません。従って、相続人の中の1人が全ての財産を取得することも出来ます。

財産の評価は、原則として時価で行ないます。ただし、相続人間で合意があれば、相続税その他の評価方法でも構いません(相続税の計算の特例は適用しません)。

実際にほとんどのケースでは、相続開始時点での遺産のみを分割しています。しかし、もめるケースでは、過去に贈与を受けたもの(特別受益)を遺産に加えることもあります。この特別受益は、贈与を受けた財産(土地や株式など)を現在価値に直して評価します。

また、寄与分を考慮することも出来ます。介護や被相続人の事業に貢献したことを評価します。これらを差引いた後の残りの遺産を分割することになります。

遺産分割がまとまらない場合

相続人間で遺産分割がまとまらない場合には、家庭裁判所の「調停」を利用することができます。調停が不成立になった場合には、家事審判官(裁判官)が事情を考慮して、「審判」をすることになります。さらに、審判でも納得できないときは、双方弁護士を立てて、裁判で決着をつけます。

遺産分割協議の心構え

遺産分割協議の心構えとして大切なことは、コミュニケーションをとることです。情報を開示し、願いを聞くことです。遺産は、相続開始時点から共有財産です。嘘や駆け引きを極力避け、信頼や言葉遣いを大切にしましょう。


【関連記事】
遺産分割協議書の書き方

【関連リンク】
相続税を計算する 
相続・相続税Q&A、無料相談


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。