離婚をするときに必要なのは、「離婚届」だけではありません。予想以上にたくさんの届出や手続きがあるのです。

そこで今回は、離婚後に必要な手続きのなかでも保険や年金に関することを中心にお話をしましょう!

離婚後に必要な届出や手続きは?

離婚するときに必要な手続きは予想以上にたくさんあります。届出の提出先ごとにまとめておくことをおすすめします

離婚するときに必要な手続きは予想以上にたくさんあります。届出の提出先ごとにまとめておくことをおすすめします

離婚後の届出や手続きは、状況にもよりますが、予想以上に多くの種類が必要になります。結婚するときに変更したものは、すべて元に戻すことになりますし、共有名義のものの名義変更なども該当するでしょう。

いずれも手続き忘れがあっては困るものばかりですので、事前にリストをつくっておくことをおすすめします。

代表的なのは以下のとおりです。

【提出先別・離婚後の手続きリスト】

(市区町村役場・公証人役場)
□離婚届の提出
□公正証書の作成
□印鑑登録のやり直し
□子を扶養する者への新戸籍への移動
□児童手当振込先の変更手続き
□母子・父子家庭の福祉関連手続き
□転校の手続き
□国民年金/国民健康保険の手続き

(裁判所)
□子の氏変更の許可申請

(税務署)
□財産分与で発生する税金の支払い

(社会保険庁)
□厚生年金・国民年金などの手続き

これらのほかに、住民票や運転免許証、パスポートやクレジットカードなどの変更が必要になります。

生命保険の手続きは、どうするの?

学資保険を含む生命保険に加入している場合は、受取人や契約者名などを戸籍どおりになるように変更します。保険の解約などは契約者でなければできないので、契約者が自分になっているかどうかの確認も済ませておきましょう。

健康保険や年金の手続きの方法は? >>