(仕事のための勉強方法)

よく「仕事でお客様へ相続について説明をする場面があるのですが、どうやって効率的に勉強したらよいですか?」というご質問を頂きます。そこで今回はお仕事上、相続の知識が必要とされる方々の相続の勉強を方法を考えてみようと思います。

(3つのコツを押さえる)

まず、勉強するための3つのコツというものを考えてみました。

1. 相続の全体イメージをつかむ
2. 良いテキストに出会う
3. 専門家と親しくなる

それではひとつずつ、お話していきましょう。

(1.相続の全体イメージをつかむ)

A.時系列でつかむ

最初は「相続の全体イメージをつかむ」ですが、要は相続の概要を知ることだと思います。この「オールアバウト」相続の中に相続カリキュラムいうクローズアップでも触れましたが時系列に整理すると分かりやすくなります。相続発生前、相続発生時、相続申告後に分けてみるとはっきりしてきます。

B.対策の内容でつかむ

もめない対策(分割協議でもめないために)、節税対策(相続税を安くする対策)、納税対策(どうやって納めやすくするかの対策)で分けてみると分かりやすくなります。

次ページは2つめのコツ「良いテキストに出会う」の紹介です。