公示価格とは

公示価格,

公示価格とは

公示価格(公示地価)とは、毎年1月1日時点の標準地の正常な価格(※)です。価格情報を開示して土地取引を円滑にするのがねらいで公共事業用地の取得価格の基準となっています。毎年3月に発表されます。

(※)「正常な価格」とは、土地について、自由な取引が行われるとした場合における通常成立すると認められる価格です。つまり、適正な価格で売手にも買手にも偏らない客観的な価値を表したものです。
公示価格
 

公示価格と路線価

その公示価格の8割を基準にして毎年7月に発表されているのが路線価です。路線価は、相続税・贈与税を計算する際に使われます。道路毎に評価が付されていて使い勝手がよいため、相続税だけでなく、銀行の融資の際の審査などにも使われています。
路線価