中国 ガイド 鈴木 晶子

すずき あきこ

北京在住のガイドが、定番情報からホットなニュースまで、北京の楽しさをまるごとお届けします!

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数111

ガイドからの挨拶

ニーハオ! みなさんこんにちは。北京ガイドの鈴木晶子です。

万里の長城、紫禁城、胡同、チャイナアート、中華料理、漢方マッサージ……。ペキンフリークになってしまうキッカケは人それぞれです。ただひとつ共通しているのは「一度北京に恋したらなかなか離れられない」ということ。噛めば噛むほど味が出る、そんな魅力が北京にはあるのです。

私が初めて北京を訪れたのは1993年。ジーンズを履いているだけで「外国人」と言われるような時代でした。本当に何もない街。でも、パワーがみなぎる街。私はそんな北京に一目惚れでした。それから約15年。北京の街はものすごいスピードで発展し、今では、ビルが林立する大都会になりました。でも、一歩路地に入れば、キタナイけど美味しい餃子屋さんや、裸電灯を吊るした雑貨屋さんが元気に商売しているのです。今、北京は伝統と新しさがよい塩梅にからみあった、おもしろい時代を迎えていると思います。

そんな北京の魅力をこのサイトを通して、たくさんの方々に伝えていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

ガイドの新着記事

  • 故宮博物院(紫禁城)/北京

    故宮博物院(紫禁城)/北京

    黄色と朱色からなる故宮博物院(紫禁城)はまさに映画『ラストエンペラー』を彷彿させる幻想世界。あまりにも有名な故宮を紹介することはとても難しいのですが、このページではリピーターの方にも新しい発見をしていただけるよう、細部まで深く掘り下げてみました。

    掲載日:2014年04月12日北京
  • 西太后が絶賛した肉まん屋 狗不理/北京

    西太后が絶賛した肉まん屋 狗不理/北京

    狗不理の包子は、二、三口でいただける小ぶりのサイズで、ほどよくボリューム感のある皮に、肉汁がジュワーッと広がる逸品! さすが、かつて西太后がひいきにしていたといわれる老舗店の包子です。前門観光をしながら「ランチはどこにしよう?」と迷った時は、ここ狗不理へぜひどうぞ。

    掲載日:2014年03月26日北京

News Dig 新着投稿

  • 世襲を「当たり前」とするべきではない

    世襲制は基本的には反対です。ただ、私も子どもがいるので、子を思う親の気持ちは理解できます。もし、自分が苦労して成功した会社の社長だったら…… と想像した時、「身内に継がせたい」という気持ちは、やはり抱くだろうなと思います。 会社の世襲制は、大きな視野で考・・・

    2014年04月09日

  • 無料Wi-Fi後進国のままでいいの?

    「郵便局で無線LANを提供開始」というニュースのタイトルを見て、喜んだのも束の間、本文の「携帯電話大手3社のWi-Fiサービスを契約している必要がある」という一文を読んで、がっくりです。 中国から一時帰国で日本に帰ると、事前契約なしでWi-Fiが使える「・・・

    2014年04月07日