資産運用/資産運用関連情報

夢をかなえるノート術(導入編)

「書く」ことで自己実現できることは周知の通りです。手帳術やメモ術など、多くの手法がある中で、今回はB5ノートを使った方法をご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノートは人生を充実させてくれるツール

ノートは思考力を高め成功へと導いてくれる強力なツールです
手帳やノートをビジネスツールとして活用する人は多いですが、人生をより豊かにし、密度を高め、自分自身の価値を向上させるために使っている人はどのくらいいるでしょうか。

目標達成のためのツールとして、手帳がよく使われます。アイデア発想のためのツールとして、メモやカードがよく使われます。ただ、それらの目的の多くは、いかにビジネスで成果を出していくか、という視点が中心となっています。

もちろんそれらも重要ですが、人の人生は仕事のみではなく、プライベートとも密接に結びついているものです。プライベートでの出会いや経験が仕事に生き、仕事での出会いや経験、稼ぎがさらにプライベートを充実させてくれるものです。仕事がプライベートに、プライベートが仕事にと、相互に影響を与え合い、バランスがとれてこそ、充実した人生になるように感じます。であれば、手帳やノートも仕事の面ばかりではなく、プライベートでの充実にも役立つものであるべきでしょう。

僕自身の経験ではありますが、資産形成というプライベート面での行為も、起業という仕事面での行為も、一冊のノートを使うことによって、自分の夢や目標に近づくことができました。普通の会社員だった僕がここまで来ることができたのも、僕が毎日使っている一冊のノートのおかげといっても過言ではありません。

僕はこのノートを実践することによって、不動産を中心とした投資・資産運用で成果を出すことができました。そして、2社の経営者として、いろいろなアイデアや事業モデルを考え、実行に移していますが、これもこのノートから発想してきたものがほとんどです。

このノートには、商談や打合せの内容はもちろん、夢や目標、やるべきこと、やりたいこと、アイデア、思いつき、今まで考えてきた思考の流れの数々が記されています。このノートを見ると、僕の日々の活動や頭の中で起こった思考の流れが全て記録されています。


一流のビジネスパーソンはメモ魔

マッキンゼーの元日本支社代表で、日本で経営コンサルティングというマーケットを確立した立役者である、大前研一氏がブレイクするきっかけになったのは、「企業参謀」という本の出版でした。そしてその本のベースになったのは、氏がコンサルティングの現場で書きつづったメモだったという話は有名です。

彼は大変なメモ魔であり、日々のコンサルティングの現場での出来事やクライアント経営者との会話、そうしたものから導き出された経営の要諦をとにかく書き込んでいたそうです。それをある時出版社の編集者に見せたところ、面白いから本にしようということになり、出したらベストセラーとなり、30代前半だった彼が一躍世界のトップコンサルタントの一人になったのです。

また、ワタミフードサービスの創業者であり会長である渡邉美樹氏は、手帳に夢を書き込み、日付を入れて達成するという方法を提唱しており、店舗展開や教育事業など実際にいろいろな目標を実現しています。さらにはグローバルメディアオンラインの創業者でありGMOグループのCEOである熊谷正寿氏も、夢をかなえる手帳術を紹介しており、本当に夢を叶えています。


夢をかなえるノート術(実践編)
夢をかなえるノート術(応用編)
夢をかなえるノート術(決定版)
『脳を「見える化」する思考ノート』(ビジネス社)

更新日:2007年03月27日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する