猫/猫関連情報

三毛猫にオスが生まれにくい理由

三毛猫には殆どオスが生まれません。それは何故でしょう?染色体の遺伝子情報マジックを分かりやすく解説しました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事:前ガイド戸松 佐恵美


みなさんのお家に三毛猫はいますか?いるとしたら性別はおそらくメスですよね?
三毛猫は3万分の1でしかオスが生まれませんし、生まれたとしても生殖能力を持っていない事が殆どです。それは何故なのでしょう?今回はこの事について書かせて頂きます。

猫も人間と同じで、メスの染色体は"XX"でオスは"XY"です。
三毛の基礎である色の「茶トラ」などの毛色の遺伝子情報は"X"にしか存在しません。
遺伝子情報の組み合わせは血液型の組み合わせに非常に似ているのですが、血液型と違うのは被毛の情報はこの"X"にしかないという所です。

つまり、"X"の被毛情報で猫の毛色が決まるので"XX"のメスはふたつの被毛情報の組み合わせで色が決まるので「茶トラ」と「黒」の毛色情報を持っていた場合には三毛猫が生まれ、"XY"のオスは"X"の被毛情報で毛色が決まってしまう為、"X"が茶トラなら茶トラに、黒なら黒に決まってしまう為、茶トラ+黒である三毛猫は生まれません。

ごくごく希に、オスの三毛猫が生まれる場合がありますが、それは両親のどちらかの胚(卵子か精子)に異常がある場合です。通常は母猫の持っている"X"の胚と、父親の"X"または"Y"胚が結びついて"XX"(メス)または"XY"(オス)として生まれてくる訳ですが、母猫の胚が"XX"(異常)で父親の"Y"と結びついて"XXY"となる場合、また父猫の胚が"XY"(異常)で母猫の"X"と結びついて"XXY"になる事があり、毛色の遺伝子情報をふたつ持った上にオスとして生まれてくる事がある訳です。
しかしながら、言うならば「染色体異常」として生まれてくる訳ですから、繁殖能力がない事が殆ど、なんですね。(つまり身体的にはオスでも機能はメス)

このように非常に希なケースなので、三毛猫のオスはラッキーキャットとして欲しがる方も沢山いるようです。特に、ある航海の時、大しけに合ったのに無事に帰って来る事ができた船に三毛猫のオスが乗っていた事から、「航海のお守り」として大事にされると聞き及んでおります。

うちでは、黒猫のバジルと白黒八割れの半長毛のライスという猫の間に子猫が生まれましたが、全員毛の長さは短く、黒のオスが二匹とメスが一匹、白黒八割れ+ブチのメスが一匹生まれました。
本当は黒猫の半長毛のメスが生まれないかと期待していたのですが‥これらもきちんと遺伝子の事を勉強したら何色で毛の長さはどの位の子がどんな確率で生まれる、というのが分かるのでしょうね。
ブリードしている方は、こういう勉強もされていて、毛色の予想もするんだろうと想います。
奥が深くて興味深いですよね。

編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で猫のペット用品を見る

更新日:2002年09月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    21

    この記事を共有する