ラスベガス/ラスベガス基本情報

初心者のためのラスベガス早分かり入門

世界一のエンタメシティ、ラスベガス。思う存分遊び尽くすために、まず押さえておきたいラスベガスの基本情報をご紹介! 気になる治安情報やカジノについてもご案内します!

執筆者:大森 早希子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストリップ地区の交通手段

ストリップ
ショーやカジノ、ホテル、ショッピングなどすべてが集まるストリップ通り。モノレールやバスを利用して効率よく楽しみましょう。
ストリップというのは、ダウンタウン地区からマッキャラン国際空港方面へ南北にのびるラスベガス通り( Las Vegas Boulevard )のことを指します。空港からはわずか1.6Kmの距離にあり、アクセスがとても便利。有名なホテルやカジノはすべてこのストリップ地区に集中しています。

ホテルの間を行き来するのに便利なのが、各ホテルが運行するモノレール。宿泊客やカジノ利用客のために運行されていて、無料で深夜遅く、または24時間営業しています。その他、ストリップを走る「デュース」と呼ばれる公共バスがありますが、なにしろ道が渋滞するのと停車駅が多いと言う理由から、移動に時間がかかります。しかし、2階建てのバスで見晴らしがよいため観光客には人気です。


思っているほど悪くない?! ラスベガスの治安

フリーモント
光のアーケード、フリーモント・ストリート。大人気で混み合うアトラクションなのでスリに気をつけましょう。
ギャンブルやストリップショーが公認となっているため、愛称は『罪な街』(Sin City)……となると、ちょっと怖いイメージが先行するラスベガス。ですが治安の悪さが、観光が唯一の産業であるラスベガスのイメージダウンに直結するということで、政府が治安維持に常に力を入れているので、実は安全に旅行を楽しめる街なのです。

アメリカではめずらしい、自転車による警官のパトロールも行っており、アメリカ国内では犯罪率の低い都市として位置づけられています。特にストリップ(大通り)やダウンタウンなどの繁華街は夜間でも十分に明るく人通りも多いため、安心して歩けるようになっています。

でも、ここはやはり日本に比べ犯罪率が格段に高いアメリカ。細心の注意を払うに越したことはありません。人通りのない場所への出入りは極力避け、繁華街やショッピングモールでの置き引きやスリには十分気をつけましょう。所持品は肌身離さず、貴重品はなるべく持ち歩かないように心がけることが大切です。

いつ訪れるのが最適?誰と行こう?次のページで解決します!

更新日:2007年02月09日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する