バンコク/バンコクのナイトスポット・バー

バンコク、夜景自慢の夜遊びスポット

バンコクでロマンチックな夜を過ごしたいと思いませんか?そんなカップルや夫婦必見です。バンコクで夜景の見える夜景自慢のロマンチック・スポットをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月はタイの首都バンコク市内では、国王誕生日とクリスマスという2大イベントが続くため、街はイルミネーションで輝いています。

クリスマス・シーズンにタイへ行く方に、是非ご紹介したいロマンチック・スポットがあります。旅行だからと言ってありきたりのレストランなどに行くなんてもったいない! クリスマスや記念日など特別な夜、ちょっとおめかししたいときにもぴったりの場所に行ってみませんか?

安全な移動手段を確保しよう

タイ在住の日本人によると比較的新しい車輌のタクシーはトラブルが少ないとのこと
ナイト・ライフを満喫するために、まず気をつけたいのが移動手段の確保です。夜になると増えるのがメーターを使いたがらない、“ぼったくりタクシー”。ホテルの前あたりで観光客を待ち構えているタクシーや、繁華街(パッポン通り近辺)に止まっているタクシーのほとんどはメーターを使わず、法外な値段をふっかけてきます。それならば、道に流れているタクシーを捕まえるほうが無難です。

タクシーでは乗る前に必ず行き先を告げてください。方向によっては渋滞や、車をタクシー会社に返す時間が迫っているという理由で、行かない場合もあります。そしてメーターを使っているかどうかも確認しましょう。メーターを使いたがらないタクシーにはその場で降りることをオススメします。

また、当然ですが女性一人で深夜にタクシーに乗るのは避けてくださいね。夜、どうしても女性一人で移動しなければならないときには、公共交通手段(BTSや地下鉄)を使うほうが安全です。

ドレス・コードと身分証明書

ガイドは以前パスポートを持参し忘れて、クラブに入場することができませんでした

バンコクでお洒落といわれているレストランやバーの多くは、ドレス・コードが設けられています。男性でしたら、ビーチサンダル、短パンは基本的に不可。できたら革靴とアイロンがパリッとかかったシャツを着ていきたいものです。

女性の場合は、ビーチサンダルでなければサンダルでも大丈夫です。服には特に規定はありませんが、せっかくなのでちょっと気合をいれて、お洒落していきませんか? 場所によっては肌を露出しすぎないほうが良いところがありますので、一枚軽くはおって肩が隠せるものを持参しましょう。


また、今回ご紹介するレストランなどでは問題ないのですが、クラブなどのようなところでは、ID(身分証明書)の提示が求められます。パスポートを万が一のときのために持ち歩いておいたほうが無難です。

次のページでガイド厳選3大ロマンチック・スポットIN バンコクをご紹介します!

更新日:2006年12月20日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する