ヘアスタイル・髪型/ヘアスタイル・髪型関連情報

自分でできる! 究極のフェミニン巻き髪

女性の美しさを引き立たせるヘアスタイル。中でも巻き髪はいっそう効果大ですよね。今回はフェミニン巻き髪の王道「リバースカール」にスポットを当て、その魅力についてお教えします!

執筆者:大島 幸司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
憧れのロングヘア! でもがんばって伸ばしてはみたけどいまいちお手入れの仕方がわからない……。せっかく伸ばしたんなら、自分をもっと魅力的に見せたいですよね!

そんなときに絶対お勧めなのがこの「リバースカール」。前髪を自然とかき上げる仕草・後ろに流れる毛先・レイヤーの重なりなど、ヘアスタイルをもっと活かしてくれる要素がギッシリ詰まってるんですよ!

さっそく今日から実践しなくちゃ。


【CONTENTS】
Page1:艶やかモテ髪「リバースカール」は究極のフェミニンスタイル
Page2:必須ツールをご紹介!ミディアムだってできちゃうんです!


究極のフェミニンヘア「リバースカール」

リバースカール
サイドに自然と流れる毛先が、レイヤーをより引き立たせてくれていますね。
以前ご紹介した「フォワードJカール」とカールの向きこそ違えど、同じくらいの華やかさを演出してくれる「リバースカール」。フォワードが清楚で、可憐なイメージとすれば、リバースは、大人っぽく、グラマーで、セクシーといえるでしょう。あご先から始まり胸元くらいまでのレイヤースタイル、こういった重めのスタイルは、何もしないと重たく見えがち……でもちょっと手を加えるだけでだんぜんセクシー度が増してきますよ!


スタイリングの肝は「毛先にあり!」
毛先がポイント
ポイントでフォワードカールを加えると、引き締まって見えてきますよ

前髪の落ちる位置からのゆるめのカール、これをキツく巻いてしまうと、けばく見えてしまいます。そうすると「大人っぽいフェミニンな女性像」からかけ離れてしまいますので要注意! あくまでもゆる巻きがポイントです。

ごらんの通り胸元にかかる部分、この場合えりあしから生えている髪の毛になりますが、その部分だけ、ポイントでフォワード方向にに巻いてあげるとヘアスタイル全体がより引き締まって、今旬な雰囲気が出来上がりますよ。


レイヤーはどのくらい入れればいいの?
基本的に、頬骨くらいからレイヤーを入れるとバランスがよく見えますよ。ウルフカットなど、ハイレイヤーを入れてしまうと昔っぽい雰囲気に……顔も大きく見えてしまいますので要注意!


どんなカラーリングが似合う?
やはりあくまでもフェミニンなスタイルを追求したいですよね?であれば7トーンのナチュラルブラウンをベースに9トーンのハイライト+6トーンのローライトで毛流れをより効果的に、立体的に見せることができます。絶対お勧め!


次のページは、自分で作るための必須ツールをご紹介! ミディアムだってキレイにできちゃうんです!

更新日:2007年02月20日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する