毎日の野菜・フルーツレシピ/野菜の栄養・効能

ブロッコリーの栄養・選び方・保存方法

鮮やかな緑色のつぼみの山の中に、カロテン・ビタミンC・食物繊維・鉄などの栄養をたくさん含んでいる栄養の優等生! おいしく食べるためのブロッコリー情報をお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小さなつぼみがびっしりと詰まったブロッコリー。栄養の優等生です

小さなつぼみがびっしりと詰まったブロッコリー。栄養の優等生です


細かい花のつぼみがびっしりと詰まっているブロッコリー。鮮やかな緑色は、料理をおいしく見せるための彩りとして大活躍しています。

ですが、ここではブロッコリーを主役として味わうことをご提案。含まれる栄養価は野菜の中でもトップクラス! 他の野菜にはない甘みと食感を持っています。せっかくですからブロッコリーを丸ごとじっくりと味わえる食べ方を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ブロッコリーの栄養

ビタミンCを多く含むブロッコリーは、一度に食べる量も多いので、ビタミンCを摂れる量は野菜の中でずば抜けて高いです。

その他、食物繊維、ビタミンではカロテン、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンUを、ミネラルではカルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、クロムを、発がん物質を解毒する効果があると期待されるサルフォラファンと呼ばれる成分も含んでいます。栄養の優等生と言われるだけありますね。

よいブロッコリーの選び方

よいブロッコリーの選び方
粒が緻密で、こんもりとしているものを選びましょう
  • つぼみが小さく、粒が揃っており、こんもりと盛り上がっているものを選びましょう
  • つぼみが鮮やかな緑色のものを選びます。黄色いくなっているものは鮮度が落ちています
  • 切り口がみずみずしく、茎に空洞のないものを選びます



ブロッコリーの保存方法

ブロッコリーの保存
ゆでたものを小分けにして保存します
  • ラップでくるんで、冷蔵庫で立てて保存します。4~5日で食べきりましょう
  • ゆでたものを小分けにラップし、冷凍庫で冷凍保存すれば必要なときに、必要な分だけ使うことができて、便利です



更新日:2009年10月01日

(公開日:2007年01月09日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する