シンガポール/シンガポール基本情報

シンガポールの季節(気候・気温)・祝日・イベント

日にちが決まっている日本の祝日とは違い、シンガポールの祝日は各宗教の暦によって変動するので注意が必要です。多民族国家の雰囲気が満喫できる各イベント、ベストシーズン、服装なども合わせてご案内します。

執筆者:田嶋 麻里江

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行の前に知っておきたい、シンガポールの祝日&イベント

中国正月当日のチャイナタウン。街は静まり返り、閑散としています。
シンガポール旅行のプランを立てる前に知っておきたいのが祝日&イベントスケジュール。「ショッピングフリークの人がチャイニーズ・ニュー・イヤー(旧正月)にシンガポールへ行った所、店がほとんど閉まっていて買い物が全く楽しめなかった……」といった残念なエピソードを耳にすることもよくあります。また、赤道直下・常夏の国として知られるシンガポールですが、雨季と乾季の時期では天気が若干異なります。シンガポール旅行の計画を練る際は、祝日、イベント、気候を考慮してたてましょう。

シンガポールの気候

傘が役に立たないほど激しく降る雨、スコール。しかし通常は短期間で止むので慌てず雨宿りしましょう。
日中の平均気温が24~32度と、一年中日本の夏のような気候のシンガポール。ただし例年、11月から1月ごろまでは雨季となり雨が多く降ります。東南アジアの「雨季」ではあるのですが、一日中雨がしとしと降ることが多く、日本の梅雨の時期と似ている印象。

もちろん雨季以外でも雨は降ります。熱帯特有の激しい雨スコールは、雨季には少なく、むしろ乾季のお昼頃に集中しています。ただし、スコールに関しては短い時間で降り止むことがほとんどなので特に心配は要りません。

シンガポール旅行のベストシーズン

気候かイベントか祝日か……何を重視するかでベストシーズンは人それぞれ違います。買い物が目的ならグレートシンガポールセールのシーズンがベストシーズンと言えるでしょう。
「できるだけお得にシンガポールに行きたい!」という皆さんには、1月中旬から2月末にかけてのオフピーク期がおすすすめ。ただしこの時期には旧正月(チャイニーズニューイヤー)を挟むので、旅行のスケジュールを決める前にその年の旧正月の日程をチェックして下さい。

国民の約8割が中国系のシンガポールでは、西暦のニューイヤー(1月1日)より旧正月を盛大に祝います。その影響で旧正月の2日間はデパートやショッピングセンター、レストランなど、ほとんどのお店がお休みに……。個人経営のお店では旧正月休みを1週間ほど取ることも珍しくありません。グルメ、買い物と満喫したい人は、この点を考慮して日程を決めてくださいね。

一方、「お買い物を思う存分楽しみたい!」という皆さんには、グレートシンガポールセールのシーズンがおすすめです。グレートシンガポールセールとは、例年5月末から7月末にかけて開催される、国を挙げての大セールイベントのこと。高級ブランドから食料品まで、ありとあらゆる物が大幅割引となる、なんとも太っ腹なセール。シンガポール内のほとんどのお店がセールを行います。

このセールに時期にあわせて毎年シンガポールに買出しツアーに行くという日本人観光客も少なくありません。シンガポーリアンもこのセールの前は買い控えをするほど、お得なセールなんです。ショッピングフリークの皆さんはグレートシンガポールセールの時期を狙ってお出かけください!

シンガポール旅行の服装

お洒落な婦人靴がお手ごろ価格で手に入るシンガポール。ディナー用の靴は持参せず、現地調達もおすすめ。
シンガポールは常夏の国なので基本的には夏服でOK。ただし、レストランやデパートなど冷房がきついところも多いので、羽織る物(OR ショール)を1枚用意しておくと重宝します。旅行中は歩くことが多いので、男女とも履きなれたサンダルが良いでしょう。特に女性には、歩きやすさを重視したヒールの無いものがおすすめ。

ただし、ホテル内レストランでのディナーやクラブ、パーティー会場など特別な場所に行く予定があれば、ふさわしい靴を持参するのがベター。女性の靴に関しては厳しくありませんが、店によっては男性のサンダル履きでの入店は許可しないところもあります。革靴でなくても、小奇麗なスニーカーであればほとんどの所は問題ありません。もちろん、シンガポールではおしゃれな靴が安く買えるので現地調達も一つの方法ですよ。

シンガポールの祝日

ディパ バリ(ヒンズー教の祭日)は祝日。リトルインディアはヒンズー教徒で賑わいをみせます。
ご存知の通りシンガポールは多民族他宗教国家。その為、宗教行事に因んだ祝日がほとんどです。宗教、民族によって主なる暦も変わるので、祝日のほとんどが毎年変動します。政府の発表により、数ヶ月前に祝日が変更されることもあるほどです。以下、シンガポールの祝日をご案内しますが、毎年同じ日でない祝日に関しては、おおよその時期をご紹介します。詳細は、旅行前にシンガポール政府観光局日本支局にお問い合わせ下さい。

祝日によって、観光スポットやデパート、ショッピングセンターがクローズすることはありませんが、唯一、チャイニーズ・ニュー・イヤーだけはほとんどのお店が閉まってしまいます。「シンガポール旅行のベストシーズン」でも書きましたが、この時期に旅行される場合は十分ご注意下さい。

各ショッピングセンター前のクリスマスツリーにも是非ご注目下さい!
■ニューイヤーズ・デー(新年) 1月1日
■チャイニーズ ニューイヤー(旧正月) 旧暦に基づき毎年違う
※2010年は2月14、15日で16日が振り替え休日
■グッド フライデー(復活祭) 4月10日
■レイバー・デー(メーデー) 5月1日
■ベサク・デー(花祭り) 旧暦に基づき毎年違う
※お釈迦様の誕生日。2010年は5月28日
■ナショナル・デー(独立記念日) 8月9日
■ハリ ラヤ プアサ(イスラム教の祭日)イスラム暦に基づき毎年違う
※2009年は9月20日、21日は振替休日/ 2010年は9月10日
■ディパ バリ(ヒンズー教の祭日)ヒンズー暦に基づき毎年違う
※2009年は10月17日/2010年は11月5日の予定
■ハリ ラヤ ハジ(イスラム教の祭日)イスラム暦に基づき毎年違う
※2009年は11月27日/2010年は11月17日
■クリスマス 12月25日

シンガポールのイベント

シンガポール川ホンバオの様子。中国正月独特の飾りつけと雰囲気が楽しめます。
観光大国シンガポールでは、365日殆ど毎日といって良いほど、なんだかのイベントやお祭りが開催されています。すべては紹介しきれないので、大規模なものを中心に、是非注目して欲しいイベントをピックアップしました。多民族国家ならではの多種多様さはシンガポール旅行の醍醐味の一つです。

見学する車で車道も混雑する『チャイニーズ ニューイヤー・ライトアップ』
■チャイニーズ ニューイヤー・ライトアップ (1月中旬~2月中旬)
チャイナタウンでは、旧正月を祝うライトアップが毎年行われます。その年の干支にちなんだデコレーションや提灯などが飾られとても華やか。お飾りや食料品などお正月用品を売る屋台が並び、期間中は毎日縁日のようです。

■シンガポール川ホンバオ(1月下旬~2月上旬)
中国正月の祝賀行事が楽しめるカーニバル。シンガポール川とマリーナ・プロムナード一帯で開催されます。ローカルフードの屋台や移動遊園地、オークションなど色々な催し物が行われます。

チンゲイパレードの観覧席。良い席はお早めに!
■チンゲイ パレード(2月)
チャイニーズ ニューイヤーの時期に行われるパレード。中国正月の行事ながら人種問わず世界中の人が参加することで有名。チンゲイの元の意味は、装飾を施した小舞台、山車のこと。このチンゲイ パレードでは、ライオンダンスやシンガポールの各民族の踊りはもちろんの事、世界各国からの参加者がパフォーマンスを披露します。豪華な飾り付けを施した山車の数々にも注目です。

■タイプーサム(1月末~2月初めの満月の日)
ヒンズー教の主教シヴァ神の息子ムルガン神に祈りを捧げる南インド発祥のお祭り。強い信仰心の証として体中に針や釘を刺し、飾り神鋼のカバディスを担いで、スリ・スリニバサ・ペルマル寺院から苦行の行進をします。

■シンガポール ファッション フェスティバル(3月末~4月初旬)
シンガポール人デザイナーのみならず、世界各国から有名デザイナーが終結し開催される国際的なファッションイベント。冨永愛などスーパーモデルも多数参加し、年々認知度が上昇している注目イベントです。

■シンガポール国際映画祭(4月)
東南アジア初の国際映画祭として、1988年から開催されています。世界各国から約300本の作品が参加。その他、映画に関するセミナーや展示、ワークショップも行われます。

■シンガポール アート フェスティバル(5月末~6月末頃)
1977年にスタートした東南アジア随一のアートの祭典。開催期間は毎年約1ヵ月。国内外から集まったアーチストたちが音楽、演劇、絵画、舞踊など様々なアートが堪能できます。

この時期は、何処も彼処も「SALE」です!
■グレート シンガポール セール(5月末~7月末頃)
観光客に人気ナンバーワンの国を挙げての大セールイベント。国内殆どと言って良いほどの店舗が期間中セールを行います。ショッピングフリークには見逃せないイベントです。

■ドラゴンボート フェスティバル(6月末~7月初旬頃)
マリーナ・ベイで行われる国際ドラゴンボート・レース。毎年、国内外20ヶ国以上のチームが参加します。

■シンガポール フード フェスティバル(7月)
毎年7月に約1ヶ月間行われるフェスティバル。ローカル料理はもちろん、世界各国のグルメがシンガポールに大集合。ホテル、レストラン、特設会場など国内各所で美味しい料理が楽しめます。

■ディパ バリ・ライトアップ(9~11月初旬頃まで)
リトル・インディアを中心に行われるヒンズー教の光の祭典。光が闇に勝ち、善が悪に勝つことを祝うお祭りです。期間中、シンガポール内のヒンズー寺院は信者で賑わいをみせます。

■ムーンケーキ フェスティバル/中秋節(9月)
日本でいう十五夜。家族が集まり、提灯に火を灯してお供え物を捧げます。また、ムーンケーキ(月餅)を贈りあうのが慣わしとなっています。

2009年は、9月25日~9月27日開催予定です。
■F1シンガポールグランプリ(9月末)
2008年より開催の『Formula1 Singapore Grand Prix』はF1史上初のナイトレース。シティーホール~マリーナエリアの公道がコースとなる市街地レースです。

■ハリ ラヤ・ライトアップ(10~11月末頃)
断食明けを祝うライトアップ。ゲイラン・セライで行われます。イスラム教徒の最大のお祭りです。

■クリスマス・ライトアップ(11月初旬~新年まで)
オーチャードロードやマリーナベイを中心に毎年行われるライトアップ。ショッピングセンターやホテルなどが最優秀賞を競って飾り付けをします。同時期には、各所でクリスマスセールが行われ、活気あふれます。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年08月19日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する