食事ダイエット/短期間食事ダイエット

プチ断食でダイエット!

特別な施設で行う本格的な断食とは違い、手軽に実践できるプチ断食の方法をいくつかご紹介します。内臓機能を一旦お休みさせることで、解毒効果がアップしたり、乱れていた食生活を見直す良い機会になるでしょう。

この記事の担当ガイド

体験したダイエット法は250種類以上のダイエットエキスパート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前中だけプチ断食

午前中だけ断食する方法は、前日の夜に食べ過ぎてしまった場合に実践すると効果的です。前日の夜に贅沢に食べてしまったら、その後の約18時間(翌日の昼過ぎぐらいまで)は水だけで過ごすようにしましょう。そして、この日の夜は軽めの食事をとり、翌日からは普通食に戻します。

以上の方法を知っていれば、外食でもアレコレ気にすることなく、楽しい食事ができるというわけです。体型も食事もメリハリが重要ということですね!

夜だけプチ断食

カラダが重いと感じた時はプチ断食を実践!

カラダが重いと感じた時はプチ断食を実践!

夕食は20時までに済ませ、その後は何も食べない方法です(水やお茶はOK)。夜型の生活は太りやすいのは事実です。夜は、リラックスと栄養を溜め込む体へとシフトする副交感神経の働きが活発になるので、エネルギーを消費しにくくなるためです。

また、夜の10時以降は「ビーマルワン」という脂肪を作り溜め込むように働く酵素の働きが急増することがわかっています。よって、遅い時間に食べないプチ断食するだけで、太りにくい体になっていくというわけです!

夕食を早い時間に済ませ、それ以降は何も食べない生活に、最初は「空腹過ぎて眠れない……」と感じることもありますが、徐々に慣れてくるものです。逆にそ「翌朝にお腹がすいて目が覚める! 」ぐらいが理想的といえます。

以上で紹介したプチ断食を、「体や胃腸が重い」「顔や体がむくんでいる」等と感じた時に実践してみるとよいでしょう。


更新日:2010年07月03日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    10

    この記事を共有する