ロサンゼルスは安全?危険? 気になる治安

ダウンタウンはもうそんなに怖いところではありません!

ダウンタウンはもうそんなに怖いところではありません!

ロサンゼルスに住んでいると言うと、「治安は大丈夫?」と日本の方によく聞かれます。日本のメディアでは、発砲事件、カーチェイスなど、ロサンゼルスの悪い部分を主に伝えているので、そう聞きたくなるのも分かります。しかし、事件は、起こらないのが日常です。基本的には、ロサンゼルスも日本と同じ平和な都市なのです。

この記事では、旅の途中に気をつけておいた方がいいことと、サンゼルスの有名観光地の治安について、お話しします。

ロサンゼルスを旅行中に気を付けること

ここでは注意した方が良い点をいくつかご紹介します。ガイドは、ロサンゼルスに10年以上住んでいますが、怖い目に遭ったことは一度もありません。

荷物を置いて席を立たない

フードコートで荷物を置きっぱなしにしてはダメ

フードコートで荷物を置きっぱなしにしてはダメ

日本ではフードコートや食べ放題レストラン、空港などで、荷物を置いたまま全員席を離れることがありますが、ロサンゼルス含めアメリカでそれはNGです。置いていたものはなくなっても仕方がないと思ってください。

以前アメリカ人の友達がこんな話をしていました……「日本に行ったとき、教室に荷物を忘れてしまった。15分ぐらいして気が付いて、『もうないだろうな』と思って教室に戻ってみると、荷物は席にそのままの状態で残っていた。『誰も取らなかったんだ』と驚き、『日本は何ていい国なんだろう』と思った」と。

置き引きが日常茶飯事ではないですが、取られる可能性があるので、必ず荷物は自分の目の届く範囲に置いてください。

人ごみでのリュックは極力避ける

こんなに人が多い所ではリュックは避けた方が無難

こんなに人が多い所ではリュックは避けた方が無難

リュックサックは両手がフリーになるので便利ですよね。ですが、自分の目の届かない後ろに、大切なものが全て入っているというのはちょっと危険です。人ごみではリュックを使用しない方が無難。もしリュックで出歩きたい場合、人が多い所になったらリュックは前にして持ちましょう。アメリカ人は見かけを全く気にしません。見かけより安全の方が大切です。

同じようにウエストポーチでもななめがけのショルダーバッグでも、すべてバッグの口になる部分が自分の目で見えるようにして持ち歩きましょう。