CG・画像加工/おすすめ画像編集・加工ソフトレビュー

絵を描く楽しさを実感するペイントツール「SAI」

有料でありながらも多くのデジタル絵描きさんたちに支持されているペイントツールSAIとは? その特徴と魅力を紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペイントツールSAIはどんなソフト?

ペイントツールSAI」は、ひとことでいうと「パソコンで絵を描くソフト」ですが、掘り下げると、「ドローとペイントを使って絵を描くソフト」です。

「ドロー」と「ペイント」は、パソコンで絵を描く2大方式ともいわれ、「ドロー」は点と点を滑らかにつなぎながら線や色を描く方式。もう一方の「ペイント」は絵筆で直接紙やキャンバスなどに色を重ねて描いていくような方式です。

特に「ドロー」方式は一般的にツールの操作が難しいので、絵を描くことに集中できなくなりがちなのですが、SAIは、どちらの方式でも描きやすく、意識することなく使い分けて絵を描くことができるソフトといえます。

また、ペンタブレットを使った絵筆タッチの表現力の良さから、有料のソフトでありながらも、リアル絵、アニメ絵、水彩絵といった、さままざまなタッチのデジタル絵描きの人々に支持されています。

様々なジャンルの絵を描いて楽しめるSAI

いろいろなタッチの絵を描いて楽しめるSAI


ペンタブレットを使うとブラシの濃淡、色延び、混色といった筆圧による表現もできますし、またペンタブレットを使わなくても、まるで柔らかい絵筆で描いたような、線の太さ細さを表現できるというのも、大きな魅力のひとつです。
マウスでも線の太さや色に柔軟に変化を加えて描ける

マウスでも線の太さや色に柔軟に変化を加えて描ける



SAIのダウンロードとインストール

SAIを使うには、無料お試し版をダウンロードしてインストールするか、または雑誌や書籍の付録お試し版をインストールをします。いずれも試用期間は31日間ですが、有料のユーザーライセンスを購入すると、新たにインストールすることなく続けて使うことができます。

ダウンロードする場合は、まずペイントツールSAI」のサイトにアクセスして、「ペイントツールSAI のダウンロード (フルセット) 」をダウンロード。ダウンロードしたファイルを起動してインストールします。すると31日間は無料ですべての機能が使えます。

購入して引き続き使用したい場合は、「ユーザーライセンスの購入」の手続きを行います。価格は1ライセンス 5250円(税込)です。

では次ページから実際にSAIで絵を描いてみましょう。

更新日:2010年04月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する