編み物/編み物の基本

かぎ針編みの基本編み方【1】

かぎ針の基本の編み方をやってみましょう。今回紹介する編み方を出来るようになると、作れる作品の種類も広がります。編み方のコツを覚えて作品作りを楽しんでください。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すじ編み


輪の作り目を使ってすじ編みを紹介します。

1.
引き抜き編みをする

引き抜き編みをする

作り目ができたら、作り目の最後と初めを引き抜き編みでつなぎます









2.
立ち上がり目をつくる

立ち上がり目をつくる

引き抜き編みをした輪に立ち上がり目を作ります。








3.
鎖目の向こう側のみに通す

鎖目の向こう側のみに通す

下の段の鎖の向こう側だけにかぎ針をくぐらせる。








3.
2つの輪に糸を通し引き抜く

2つの輪に糸を通し引き抜く

糸を引き抜き、もう一度かぎ針に糸をかける。









4.
2つの輪に通して引き抜く。
すじ編みができました

すじ編みができました











5.
1周すじ編みしたところ

1周すじ編みしたところ

鎖の片方(向こう側)に針をかけるので、手前側の鎖ですじができる編み方です。








すじ編みは、横のラインを強調したい時に使います。普通の細編み(頭を2本拾う)に比べると編地が斜めにならない特徴もあります。



次は、「バックこま編み」を紹介します。


更新日:2013年08月07日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する