個人年金/個人年金保険の選び方

一時払い個人年金保険は、貯蓄性の良し悪しをチェック

老後の生活資金を準備するための個人年金保険。月々一定額を支払うタイプだけでなく、一時払の商品もあります。どんなタイプがあるのか、貯蓄性の良し悪しなどを検証してみました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一時払い個人年金保険にはいろいろなタイプがある

同じ一時払いの個人年金保険でも、円建てや外貨立てなど様々な種類がある

同じ一時払いの個人年金保険でも、円建てや外貨立てなど様々な種類がある

個人年金保険は、老後の生活費を準備するための保険です。何年もかけてコツコツと保険料を積み立てて、60歳や65歳などから、10年や15年などの一定期間または死亡するまで年金で受け取るのが基本です(本記事では以後、このタイプを「従来型」とします)。

最近は、退職金などのまとまった資金を加入時に一括で払う、一時払い専用の商品が増えています。この「一時払い個人年金保険」は、年金の受け取りをスタートするまで、5年か10年の一定期間を据え置く商品がほとんどです。もちろん、中には1年か2年で受け取れる「即時型」もあります。

さて、一時払いには、いろいろなタイプがあります。どんなタイプがあるかを押さえておきましょう。

「円建て」と「外貨建て」がある

まず、保険料を運用する通貨によってタイプが分かれます。「円建て」と「外貨建て」です。前者は日本円で運用するタイプ、後者は米ドルやユーロ、豪ドルなど、日本円より金利の高い通貨で運用するタイプです。

■円建て
以下の4つのタイプがあります。

1)従来型で保険料を一時払できる商品
同じ年金額なら、分割で払うより、保険料は少なくて済みます。

2)積立利率が変動する商品
保険料を運用する積立利率が変動し、増加分は将来の年金額に上乗せされます。毎月など定期的に見直しを行いますが、加入時に設定された最低積立利率を下回ることはありません。

3)市場価格調整型
解約返戻金を受け取るときに、特別な仕組みが設けられています。具体的には、解約時の市場金利が加入時と比較して上がっている場合、解約返戻金額が減少し、逆に下がっている場合は増加することがあります。

4)変額型
保険料を特別勘定と呼ばれる投資信託で運用する。

1)~3)は、基本的には、将来の年金額が決まっていて、中途解約しなければ元本は保証されています。4)の変額型は運用成果によって年金額が変動するので、将来の年金額は確定していません。元本保証はないのが基本ですが、一時払保険料が最低保証される商品もあります。

■外貨建て

従来型を外貨で運用するタイプと、市場価格調整型がありますが、どちらかというと後者のほうが多いようです。外貨では元本保証ですが、受け取り時の為替によっては元本を割ることもあります。

タイプ選びと貯蓄性の比較の仕方は次ページ

更新日:2014年04月07日

(公開日:2011年02月14日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する