住宅リフォーム/リフォームの間取り・プラン [部屋別]

ニッチのリフォームで玄関や廊下をセンスアップ

ニッチとは、花瓶などを置くための壁面の凹みのこと。ニッチを作るリフォームをすれば、殺風景な玄関や廊下がセンスアップします。壁紙の張替えリフォームの時に一緒にやれば効率的です。

この記事の担当ガイド

多くの現場経験や相談実績を持つリフォーム全般に精通する一級建築士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニッチを作るリフォームをすれば、殺風景な玄関や廊下がセンスアップします。ニッチは場所を取らないので狭いダイニングやリビングにも。壁紙の張替えリフォームの時に一緒にやれば効率的です。

ニッチとは花瓶などを置くための壁面の凹み

玄関入って一番目につく場所が白い壁ではちょっと寂しい。そんな時はニッチのリフォームを(ニッチ/大建工業)

玄関入って一番目につく場所が白い壁ではちょっと寂しい。そんな時はニッチのリフォームを(ニッチ/大建工業

ニッチとは、花瓶や飾り物を置くために壁面を凹ませた部分のこと。中が空洞になっている間仕切り壁の厚みを利用して作ります。

玄関や廊下が何となく殺風景、ダイニングやリビングをおしゃれに演出してみたいけれど飾り棚を置くには狭いと言うような場合でも、ニッチなら場所を取らずにインテリアが楽しめます。

ニッチは大工工事で好みの形に作ることもできますし、既製品のニッチセットを埋め込む方法もあります。花瓶やお気に入りの雑貨はもちろん、お正月飾りやクリスマスリースのような季節品を飾る場所としてもピッタリです。

 

玄関~廊下にニッチのリフォームをする時は位置の吟味から

玄関入って真正面の壁面にニッチの棚を取り付け(ニッチ/大建工業)

玄関入って真正面の壁面にニッチの棚を取り付け(ニッチ/大建工業

玄関から廊下に掛けてニッチを作るリフォームをする時は、まず位置の吟味をしましょう。まず、玄関ドアを開けた時に、どの位置が目に入りやすいかをチェックします。

目立つものがあるとお客様の目はそこに引きつけられるので、それ以外のモノはあまり目に入らなくなり、玄関全体がイメージアップして感じられるようになります。

見せたくないものは玄関に立った時の視界の外になるように、見てもらいたいニッチは視界の中に入りやすい位置に配するのが、玄関から廊下をセンスアップさせるコツです。

 

照明を埋め込んだりカウンターに凝ったり、サイズも形も自由自在

下の写真は廊下に取り付けられたニッチの写真です。カウンターは御影石調の人造大理石コーリアン、内部上には小型のダウンライトが埋め込まれています。

左:玄関からのアイキャッチとして作られたニッチ。右上は配置図。右下:ニッチの色々な組み合わせ例

左:玄関からのアイキャッチとして作られたニッチ。右上は配置図。
右下:ニッチの色々な組み合わせ例


この家は玄関が狭く、天井までのトール収納と白い壁に囲まれているので、そのままでは圧迫感があります。そこで視線の先にある廊下の壁にニッチを作って狭さを感じさせない工夫をしています。大工工事で作るニッチなら、サイズも形も自由自在です。

ニッチのリフォームは壁紙の張替えや他の工事の時に一緒に行う

ニッチを作るリフォームは、大工工事、壁紙工事、電気工事などが必要になります。小さな工事でも複数の業者が入るリフォームは、他の工事とまとめることでムダ無く工事できます。壁紙の張替えやフローリングの張替え時に合わせ、効率よくリフォームしましょう。

ニッチは壁の素材感を目立たせますので、壁材選びにもこだわって。壁紙張替えリフォームの失敗しないコツは下記でご紹介していますのであわせてご覧下さい。
■絶対に失敗しない! リフォームの壁紙選び

ニッチ活用の壁厚収納で、本をスッキリ片付ける収納リフォーム術は下記でご紹介しています。
■本収納のアイデアリフォーム

【関連記事】
■片づく&魅せる! 玄関収納のリフォーム
■工事無し!スッキリ玄関の見せ技リフォーム
■トイレを楽しく! 壁内本棚リフォーム
■ドアハンドル・取っ手・つまみの交換リフォームで変身


Copyright(c)2011 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

更新日:2012年04月21日

(公開日:2004年01月01日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する