うつ病/冬季うつ病・五月病・気分変調症・その他のうつ状態

冬季うつ病の特徴・症状

秋から冬に限ってうつが出現し、春になると回復する季節性を持つ「冬季うつ病」。その原因は寒さではなく、冬季の日照時間と関係していると考えられています。冬季うつ病の特徴と症状について解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気分の落ち込みが特徴的な心の病、うつ病。症状の出方は様々。朝起きた直後が一番気持ちが冴えず、夕方になると少し気持ちが軽くなる「メランコリー型うつ病」や、気持ちの落ち込みに対する自覚が少なく、頭痛や腹痛などの体の症状が目立つ「仮面うつ病」など、一言でうつ病といっても色々なタイプがあります。

日照時間の短くなる秋から冬のみ、うつ症状が出る「冬季うつ病」。冬季の日照量不足が最大の原因

日照時間の短くなる秋から冬のみ、うつ症状が出る「冬季うつ病」。冬季の日照量不足が最大の原因


うつ病の中でも最も季節性と深く関わっているものが「冬季うつ病」です。特徴と症状についてわかりやすく解説します。

冬季うつ病の特徴

冬季うつ病の最大の特徴は、その名の通りうつ症状が冬季に限定されて生じる点。日が短くなる秋から冬にかけてうつ傾向が強まり、春になると自然とうつ状態から回復して元気になるという季節性があり、20~30代の女性に多い病気です。冬は木々が葉を落として動物たちも冬篭りに入るなど生命が休眠する季節ですが、人間も日射量不足に強く影響され、気分や活動力が顕著に低迷してしまうことがあるのです。

冬季うつ病の症状

冬季うつ病の症状は、一般的なうつ病の症状とほぼ同一。
  • 気分の落ち込み
  • 今まで楽しんできたことを楽しめない
  • ぐったりとして疲れやすい
  • 活動量の低下
  • 眠気が強く、睡眠時間が長くなる
  • 食欲の亢進、特に甘いものが欲しくなる

冬季うつ病の原因

冬季うつ病の原因は、日射量不足とはっきりわかっています。特に冬季の日照時間が顕著に短いフィンランド、スウェーデン、アラスカなどの地域では、冬季うつ病の発症率が人口の10%近くか、それ以上になっています。また、初めからそれらの地域に住んでいる人よりも、それまで太陽光に恵まれた地域で暮らしてきた人が移ってきた場合の方が、より発症率が高くなります。

日射量不足によって脳内にどのような変化が起こりうつ病になるのかは、はっきり解明されていませんが、日光とセロトニンの関係である程度説明できます。

セロトニンは「脳内神経伝達物質」と呼ばれる脳内の神経間の情報伝達を担当する物質のひとつ。セロトニン不足はうつ病の直接的な原因と考えられています。一方で、メラトニンは覚醒と睡眠の時間が交互にやってくる生体リズムを作る基礎になる物質で、夜間の睡眠中に脳内分泌量が最大になり、昼間の太陽光で脳内分泌量が抑制されることがわかっています。つまり、セロトニン不足はうつ症状を促し、本来就寝時のメラトニンが起床時にも多いままだと活動的な気持ちにスイッチが入らないということになります。

ここで話を日光とうつ症状の関係に戻しましょう。目に入った日光が網膜を刺激することで脳に信号が送られて脳内でのセロトニン作用が増強し、生体リズムに関連深いホルモンであるメラトニン産生が抑制されます。これによって気分は快適になることが、日光が気分を良くする大まかな仕組みと考えられています。多くの人がどんより曇った日よりも晴れ渡った日を快適と感じるように、日光自体に人の気分をよくする作用があるようです。冬季うつ病の場合は日照時間が短いためにセロトニン作用が弱いままで、起きていてもメラトニン抑制がしっかりとされず、うつ状態になってしまうと考えられます。

なお冬季に限って気持ちが落ちこむ場合でも、冬季だけ職場の環境が大きく変わる場合は年末年始の帰省ストレスを非常に強く感じる人など、気候とは別に落ち込みの原因がはっきりしている場合は冬季うつ病とはなりません。


更新日:2014年11月24日

(公開日:2009年12月08日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    7

    この記事を共有する