歯周病/歯周病(歯槽膿漏)の薬・治療法

歯周病(歯槽膿漏)の治療法

歯周病(歯槽膿漏)はどうやって治すの? 歯周病の治療期間はどれくらい? 歯周病治療について、判りやすく解説します。

この記事の担当ガイド

歯のお悩みを読者目線で分かりやすく解説する現役歯科医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一度歯の周囲の骨を溶かすほど進行してしまった歯周病は、基本的に症状が落ち着くことがあっても、骨が元の量に戻ることはありません。そのためできるだけ早期発見、早期治療が大切になってくるのです。


第一に歯石を取り除く歯周病治療

超音波スケーラー
歯石を取るときしみる場合は初期よりやや進行していることが多い
歯周病は、薬では治せません。薬は症状を抑える対症療法のみで、原則は原因となっている歯周病菌を機械的に取り除く原因除去療法が行なわれます。

治療で取り除くのは、歯周病菌が表面に付着した歯石などです。厳密には、歯石自体は内部が石灰化していて歯周病菌は活動できないため、ほぼ無害です。しかし歯石の表面は、細かい凸凹があり、その凸凹に生きている歯周病菌などの細菌が付着しているのです。結果的に、歯石ごとすべて取り除く必要があります。

歯石を取り除くことを「スケーリング」といいます。歯石は非常に硬いため、超音波スケーラーや、スケーラーと呼ばれる器具で取り除きます。


代表的な3つの歯周病治療法

歯周病の治療は、進行時期によって主に3つの方法が選択されます。

1.スケーリング(主に初期の歯周病)
初期の歯周病では、歯石の付着している部分が、歯茎の内部のごく浅い部分に付着しているため、超音波スケーラーや、ハンドスケーターなどを利用して、無麻酔で取り除きます。

2.スケーリング、ルートプレーニング(初期~中期の歯周病)
スケーリングだけでは、取りきれないような歯茎の少し深い位置にある歯石を麻酔を使用してから取り除き、さらに歯石が付いていた根の表面を滑沢な面に仕上げます。

3.フラップ手術(中期~末期の歯周病)
スケーリング、ルートプレニングでは、歯と歯茎の隙間に器具を挿入して、歯茎の中を、主に手探りで歯石などを取り除きますが、フラップ手術では、麻酔後に歯の周囲の歯茎を切開して、歯茎の奥の汚れを直視下で取り除きます。

基本的には1→2→3の順に段階的に行われます。歯周病の治療で共通しているのは、歯の表面についている歯石(細菌)を取り除いているということです。

歯周病の原因は様々ですが、治療で特に大切なのは毎日の歯磨きです。特に中期~末期の歯周病の場合、それまでの歯磨きがしっかりしていたとは考えにくいので、歯磨きに対しての考えを根本から変化させるぐらいの気持ちで臨まないと、なかなか歯周病から抜け出せません。

歯石取りのほかにも歯周病に対して有効な治療法には、次のようなものがあります。

歯石取り以外の歯周病治療法

■咬み合わせを調整する
咬み合わせの際の歯の揺れは、歯周病を悪化させる大きな原因と考えられます。揺れを最小限に抑え、バランスを整えるために、咬み合わせの調整を行ないます。

■歯の神経を取る
中期~末期の歯周病になると刺激による痛みをなくすため、歯の神経を取り除くことがあります。
    ■歯を分割する
    奥歯は通常2本~3本の歯の根に分かれているため、歯周病が進行した部分の根だけ抜歯して、残った根を利用して、被せ物で歯を作ることがあります。

    ■歯を連結する
    歯がぐらつく場合や、咬み合わせの力に耐えられい場合には、数歯にわたって被せるなどして連結し、歯のぐらつきを抑えることがあります。
 

歯周病の治療期間は?

主な歯周病の治療期間は次のようになります。

    ■初期歯周病の治療期間

    歯の周囲の骨がほとんど溶けていない状態であれば、歯の周囲の歯石を取り除けば、元の状態に回復するため、概ね3~8回程度が目安になります。

    ■中期歯周病の治療期間
    歯の周囲の骨の一部が溶けてしまっている状態であれば、概ね2~6ヶ月ぐらいが目安になります。

    ■末期歯周病の治療期間
    歯周病が進行しているのに、それまで病院にほとんど行った事がない場合や歯の周囲の汚れや歯石が多く、ぐらつくなど症状が出ている場合には、治療にかかる時間も期間も長くなります。概ね4ヶ月~1年以上が目安になります。

歯周病が進行している場合は、そこまでなるのに何年もの時間が経過していることがほとんどです。そのため、ある程度進行してしまうと短期間で回復することが困難となり、治療期間が伸び気味になります。

さらに一度改善しても汚れが溜まればまた症状が現れるため、維持できなければ、再び治療が必要となります。末期の歯周病では、完治後にもメンテナンスが必要となるため、治療終了がはっきりしにくくなるのが普通です。

続いては、歯周病の予防法を解説します。


歯科検索
小児歯科検索

更新日:2009年05月19日

(公開日:2009年02月12日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    22

    この記事を共有する