幸せな二度寝
二度寝が気持ち良いことは、誰でも知っています
「 質が悪い睡眠が続くだけで、逆に体が疲れるから止めたほうが良い 」 と、言われる 二度寝。でも実際には、気持ち良くって、幸せな気分になれることも。今回は、二度寝の不思議な効用を探ってみます。

だから二度寝は気持ちいい!

二度寝で幸福感が得られるメカニズムは、まだ、科学的に解明されたわけではありません。これまで知られている事柄から、その仕組みを考えてみました。

■ 睡眠不足の解消
5分でも10分でも二度寝をすれば、それだけ睡眠不足の量が減ることになります。たったそれだけで、と思うかもしれませんが、昼休みに短時間の仮眠を取ると、目覚めたときスッキリして、午後からの仕事にがんばろうと思えるはず。短時間の仮眠と同じ効果が、朝の二度寝にもあります。

■ 夢の続きが見られる
朝方には、浅い睡眠であるレム睡眠が多くなります。レム睡眠中、体の筋肉は休んでいますが、脳は活発に働いています。このときに、夢を見ることがわかっています。楽しい夢を見ているときに少し目覚めて、また、楽しい夢の続きを見られると、いわゆる 「 夢うつつ 」 の幸せな気分になれます。

■ 外界からの刺激がソフトに
深く眠っているときは、外界からの情報は途中で遮断されて、脳に届きにくくなっています。でも、眠りが浅くなるにつれ、外部からの刺激が、少しずつ分かるようになります。二度寝しているときに、ほんわかと感じる光や物音、布団の触感などが、天国にいる気持ちにさせてくれるのです。

■ 抗ストレス・ホルモンの働き
目覚める予定時刻の前後には、コルチゾール というホルモンの血中濃度が急に高まります。コルチゾールは、ストレスを和らげる働きがあり、また、膠原病やアレルギーの治療にも使われています。コルチゾールは、副作用として睡眠に悪影響を及ぼすこともありますが、実は、「 多幸症 」 を起こすこともあるのです。


免責事項