窓・サッシ・玄関ドア/窓・サッシの基礎知識と選び方

樹脂サッシの基礎知識

一般的な住宅に用いられる窓サッシの素材には、アルミや木、樹脂などがあり、また、これらを組み合わせたタイプなどもみられます。ここでは、樹脂サッシの基礎知識をみていきます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トステム

窓形状のバリエーションも豊富。[マイスターII(施工例) マイスタービュー]

一般的な住宅に用いられる窓サッシの素材には、いくつかの種類があります。お馴染みのアルミサッシ、自然な風合いが魅力の木製サッシ、寒冷地で多く普及している樹脂製、これらの素材を組み合わせた複合サッシなど。それぞれに特徴があり、メーカーも商品も豊富に揃っています。

もちろん、性能的にはガラスとの組み合わせが重要ですし、建物全体として検討しなければならないので、サッシ単体で考えることは難しいものですが、ここでは、素材としての樹脂(製)サッシについての基礎知識をまとめました。

【写真協力】 トステム(LIXIL) 

寒冷地を中心に普及

樹脂(製)サッシは、ドイツで生まれ、北欧や北米などで広く普及している建材です。近年では、環境先進国での普及も広がっているとか。

日本の場合、全国的にもっとも普及しているのがアルミサッシですが、寒冷地を中心に北海道や東北ではかなり多くの方が採用しているのが樹脂(製)サッシです。メーカーの商品でも「北海道・東北地方限定」といったようなケースもみられるものです。

熱伝導率が低く、断熱性に優れる

トステム

樹脂サッシのつくり(イメージイラスト)。

樹脂(製)サッシの主な材料は、塩化ビニール樹脂。この樹脂を用いたサッシの特徴は、まず熱伝導率が低いということ。熱を伝えやすいアルミに比べ、熱伝導率は約1,000分の1とか。熱伝導率が低いということは、結露が生じにくく、カビやダニの発生を防ぐというメリットがあります。そして、断熱性が優れている、というのも大きな特徴でしょう。複層ガラスとの組み合わせによって、高い断熱性を得ることができるので、寒冷地での使用が多いというわけです。

また、溶着加工で成型されたサッシの窓枠と窓框には気密材を用いているので、気密性も高く、すきま風や冷気の侵入を防ぎ、複層ガラスを用いることで、高い遮音性能も得られます。

他のプラスチック素材に比べ、石油の使用量が少ない塩化ビニール樹脂は、環境に優しいと言われています。また、使用済みのサッシはガラスと塩化ビニル樹脂に分け、新しいサッシに再生する技術も完成しているとか。資源循環に貢献できる素材と言えるでしょう。

次ページでも、特徴をみていきます。

更新日:2012年09月18日

(公開日:2007年06月14日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する