LAN・無線LAN・Wi-Fi/LAN機器を選ぶ前に

TVをインターネットにつなぐイーサネットコンバータ

最近のTVの機能には、ほとんどインターネットに接続してコンテンツを楽しむ機能があります。ここでは、無線LANを利用してTVにインターネットを接続する方法を解説しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビはインターネットに接続するともっと楽しい

テレビ専用のコンテンツが豊富なアクトビラの初期画面

テレビ専用のコンテンツが豊富なアクトビラの初期画面。2012/4現在。

ご自宅にある液晶TVやプラズマTVには、インターネットに接続する機能はありませんでしょうか。最近のテレビであれば、ほとんどの機種がインターネットの接続に対応しています。

テレビをインターネットに接続すると、コンピュータと同じようなブラウザ機能のほかに、テレビ専用のコンテンツを集めた「アクトビラ」に接続することができます。

地デジのデータ放送でも、インターネットに接続しないと利用できないサービスもあります。たとえば、視聴者アンケートなどはインターネットに接続していないと投票しても集計に入りません。


無線LANでテレビをインターネットに接続しよう

テレビをインターネットにつなげば、専用のコンテンツを楽しむこともできる

インターネットのコンテンツをテレビで楽しむこともできる

最近では無線LAN対応のテレビも増えてきましたが、無線LANに対応していないテレビをインターネットに接続する場合は、有線ルータとテレビのLAN端子をLANケーブルで接続するのが一番手っ取り早い方法です。

しかし、リビングに設置してあるテレビの近辺に有線ルータがあるご家庭は少ないでしょう。このようなときは無線LANを利用し、離れた部屋にある無線ルータとテレビを接続しましょう。

 

無線LANでテレビをネットにつなぐ「イーサネットコンバータ」とは

無線LANでテレビをインターネットに接続するには、イーサネットコンバータという機器を利用します。イーサネットコンバータは、テレビなどの端末をインターネットに接続するための無線LAN子機です。

コンピュータにUSBで接続する通常の子機は、ドライバやユーティリティをインストールして無線ルータと接続するのですが、イーサネットコンバータはドライバもユーティリティも必要ありません。テレビとイーサネットコンバータを、LANケーブルを使って接続するだけです。
Buffalo WLI-UTX-AG300をLANケーブルで接続。この機種は、TVのUSB端子にも設置できる優れもの。

バッファローのWLI-UTX-AG300をLANケーブルで接続。この機種は、TVのUSB端子にも設置できる優れもの。


もちろん暗号化の設定は必要となりますが、AOSSなどの機能を利用すればボタンを押すだけで設定が可能です。テレビなどの家電製品は、コンピュータのように子機の設定ができないので、ほぼ設定がいらないイーサネットコンバータは家電製品に最適な無線LAN子機といえるでしょう。

ただ、1つ注意することがあります。たとえば、AOSS対応の無線LANルータとWPA対応のイーサネットコンバータは、直接接続できません。AOSS対応のルータには、AOSS対応のイーサネットコンバータを用意してください。


更新日:2012年04月12日

(公開日:2010年03月12日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    23

    この記事を共有する