スピーカー/スピーカーの選び方

iPod、iPhone用スピーカーの選び方

iPod/iPhone対応スピーカー選びの最大の魅力は、「店頭で好きなだけ試聴できる」ということだ。店頭でたっぷりと試聴して、好みのスピーカーを選ぼう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のiPod/iPhone用スピーカー事情

iPodドック対応スピーカーを使えば、よりiPod、iPhoneを楽しめる(写真はオンキヨー「ND-S1DP」)

iPodドック対応スピーカーを使えば、よりiPod、iPhoneを楽しめる(写真はオンキヨー「ND-S1DP」)

最近では中高生をターゲットに絞って人気のソニー「ウォークマン」シリーズも好調とはいえ、一般的には「携帯音楽プレーヤー=iPodシリーズ」というイメージが定着している。アップルがiPodシリーズと接続する「iPodドック端子」の仕様を早くから公開したことから、iPod/iPhoneで利用できるサードパーティ製スピーカーも多種多様だ。

「iPodスピーカー=安くて音があまり良くない」というのも今や昔。もちろん、2000~3000円程度の低価格&低音質スピーカーも相変わらずたくさんあるが、果ては10万円以上のモデルまで登場している。

最初に登場したiPodドック搭載の一体型スピーカーに続いて、iPodドック搭載ステレオラジカセやミニコンポが登場。最近では高音質なコンポーネントオーディオまで、オプションでiPodとの接続を用意しているといった状況だ。

「iPod/iPhoneありき」のデザインを採用しているモデルもあれば、「ミニコンポだけどiPodも聴けるよ」という体裁のものもある。iPodを中心としたミュージックライフを過ごしたい人は前者が、ミュージックライフの中でiPod“も”楽しみたいという人は後者がお薦めだ。

ではまずは、iPod/iPhone用スピーカー選びのポイントからご紹介しよう。


必ず聴き比べてみること!

iPod/iPhone対応スピーカー選びの最大の魅力は、「店頭で好きなだけ試聴できる」ということだ。一般的なスピーカーやUSBスピーカーなどの場合、好きな音楽ソースを持ち込んで試聴するというのはなかなか難しい。だがiPod/iPhone対応スピーカーの場合、店頭に展示しているモデルに電源が入っていれば、実際にiPodやiPhoneを接続して好きな楽曲で試聴できる。このチャンスを逃す手は絶対にない!

ただし、いくらデザインを気に入ったとしても、音色が気に入らなければ幸せな音楽生活は送れないので注意しよう。サイズが大きければいい音が出て、小さければ悪い音が出るというように単純なものでもない。それにロックなら高域と低域がしっかりと解像されているもの、女性ボーカルなら中域の表現力や空気感など、聴く曲のジャンルによって求められる音が異なる。とにかく自分がよく聴くジャンルの音楽に合うのかどうか、いくつかの楽曲で聴いてみることが重要だ。


機能で絞り込もう

iPod/iPhone対応スピーカーと一口に言っても、CDプレーヤーやFM/AMラジオチューナーを搭載するなど、機種によってかなり機能が異なる。スピーカーとしての音を聴き比べて十分に吟味するのも重要だが、どのような機能が必要なのかもよく考えて絞り込もう。

そのほかに便利なのが「時計・アラーム」機能だ。せっかくiPod/iPhone対応スピーカーを使うのなら、目覚まし時計ではなくて好きな音楽で快適な朝を迎えたい。時計・アラーム機能を備えていないモデルも多いし、備えていても使い勝手はさまざまなので、気になる機種があったらそのあたりの使い勝手にも注目しよう。


見落としがちな「外部入力」にも注目!

iPod/iPhone対応コンポーネントオーディオシステムなどを使う場合はあまり必要ないかもしれないが、一般的なiPod/iPhone対応スピーカーを購入する場合にチェックしておきたいのが外部入力端子だ。

せっかくいい音で音楽を聴けるのであれば、PCやテレビ、ゲームなど、ほかの機器からの音声もいい音で聴きたいところだ。RCA端子やステレオミニジャックなどのアナログ端子で十分だが、光デジタル入力(S/PDIF)や同軸デジタル入力などがあればなお好ましい。

次のページで、おすすめのiPod、iPhone用スピーカーをご紹介しよう。

更新日:2012年01月26日

(公開日:2010年02月22日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する