世界のおうちご飯/タイのレシピ

【レシピ】タイ料理:鶏肉のバジル炒めご飯

タイの食堂や屋台の定番メニュー「鶏肉のバジル炒めご飯」のレシピを紹介! バジルをたっぷり使った香り高い料理で、とってもおいしいですよ!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイの食堂や屋台では、炒め物などをフライパンひとつでチャチャッと作り、ご飯と盛り合わせて出すのが定番ご飯。
なかでもこの炒め物は、タイの人たちがお昼ごはんによく食べる代表的な一品です。肉は豚、牛、エビにかえても大丈夫。食感を生かすため、できれば包丁で粗くたたいたほうがよいですが、市販のひき肉をつかってもOK。
材料を揃えたら、驚くほど早く出来上がるので、忙しいときやブランチにも最適。バジルの香りが決め手の、ご飯にぴったりの炒め物です。
ご飯とカリっと焼いた半熟の目玉焼きを添えて、タイの屋台スタイルでお召し上がりください。(食べ方はコチラを!

タイ料理:鶏肉のバジル炒め


◆ 材 料(2人分) ◆ 
鶏モモ肉 …… 200g
スイートバジル …… 4枝
ピーマン …… 1個
赤ピーマン …… 1個
にんにく …… 2片
香菜の根のみじん切り(なくても可) …… 2本分
赤唐辛子みじん切り …… 1~2本
※オイスターソース …… 小さじ2
※ナンプラー …… 小さじ2
酒 …… 小さじ2
鶏がらスープ …… 大さじ4
砂糖 …… ふたつまみ
サラダ油 …… 適宜


作り方はこちらを!

◆シーズニングソースが手に入ったら、※の調味料をシーズニングソース小さじ2、ナンプラー大さじ1でお試しください。さらに香ばしい香りが広がります。
◆エリンギやしめじなどのきのこ類、たけのこなどを加えても美味しくいただけます。

フレッシュバジル



タイでは、個性的な強い香りの「バイガパオ(ホーリーバジル)」(写真右)と呼ばれるバジルの仲間を使いますが、バイガパオは手に入りにくいため、今回は日本でもおなじみの「スウィートバジル」(写真左)を使いました。
スウィートバジルでもじゅうぶんタイの味が感じられますよ!

作り方はこちらを!

更新日:2006年01月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する