恋愛/相性診断

失恋したときの行動でわかる性格と相性

失恋したときに人がとる行動は、長いこと塞ぎ込んだり、立ち直りも早く次の恋に意欲的だったり、人それぞれです。そこで今回は、恋を失ったときの行動から、性格や相性を分析してみました。

執筆者:工藤 祐子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失恋したとき、あなたがとる行動は?

私が10代の頃、失恋したときはかなり落ち込み、学校もサボって家に閉じこもったものでした。夜は眠れず食事も喉を通らず、……と言いたいところですが、実際にはお腹は空くわ、夜もぐっすり眠るわで、私はなんとデリカシーのない女だと、自分に幻滅したものです。

自分から別れを告げた場合も、恋を失ったという意味ではフラれた場合と等しく悲しいこともあります。しかし、相手から別れを告げられた場合のほうが、自分を拒否され、否定されたように感じるなど、傷ついた気持ちの整理をつけるのに苦しむことでしょう。

そんな時、あなたはどんな行動をとりますか? 今回は、失恋したときの行動からわかる、性格と相性を分析しました。一口に失恋と言っても、片思いの場合から短期間の付き合い、長期に渡る交際など、その恋に対する執着度によって、行動には違いが出てくることでしょう。ここでは、とくに真剣だった恋、長く続いた恋が相手から終わりを告げられたときの、ご自分の行動を振り返ってみてください。

では早速、診断スタート! 以下の3つの中から一番近いものをクリックしてください。

1人で落ち込む
1人で落ち込む/長いこと塞ぎ込む/過去の恋愛を引き摺る


自棄になる
自棄になる/お酒の量が増える/友達と会う機会を増やす


次の恋へ

くよくよしない/立ち直りが早い/次の恋に積極的

更新日:2008年04月22日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    10

    この記事を共有する