デジタルカメラ/デジタルカメラの基礎知識

高速? 低価格? SDメモリーカードの選び方

コンパクトスタイルのデジタルカメラにおいてメモリーカードは事実上、SDカードが標準となっている。かつてのようにメモリーカードの種類で迷うことはほぼなくなった。しかし、いくつか購入する際のチェックポイントはまだ存在するのである。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SDカードを買う時のチェックポイントは?

現在、デジタルカメラにおけるメモリーカードとしてはSDメモリーカードが事実上の標準となっている。かつてのように買い換えや買い増しの時にも悩む必要はほとんどない。

それでもチェックすべき項目は当然ではあるが存在する。


SD、SDHC、SDXCの違いとは?

画像は8GBのSDHCカード。しかし、SDカードと大きさは全く同じ。

画像は8GBのSDHCカード。しかし、SDカードと大きさは全く同じ。

SDカードの違いはふたつある。まず、そのひとつが容量だ。容量というよりはカードの仕様というべきだが……。

容量別に分かれており、2GBまでの『SDカード』。4GB~32GBまでの『SDHCカード』、そして2010年以降に登場予定となっている64GB~2TBまでの『SDXCカード』だ。

どれも同じ大きさ、厚さであり、スロットも基本的には同じものである。SDHCカードの使えるデジカメでは、SDカードも使用することができる。SDXCカードを使えるデジカメでは、SDHCカードもSDカードも使うことができる。

しかし、SDカードしか使えない中古デジカメではSDHCカード、SDXCカードを使うことはできない。また、現在出ているSDHCカードに対応しているデジカメの多くは、SDXCカードを使うことはできないだろう。もっとも一般的なユーザーであればSDHCカードの上限32GBでも充分な容量だとは思うのだが。

基本的にはSDカードとSDHCカードの違いにだけ注意していればいいだろう。古いデジカメでは2GBまでのSDカードしか使えないものもあるためだ。

更新日:2009年12月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する