PC周辺機器/パソコン周辺機器の選び方

Webカメラの選び方とおすすめ機種

遠隔地にいる家族や友だちなどと密なコミュニケーションを取りたいと思った場合、便利なのがWebカメラだ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュニケーションだけではなく、ペット管理や防犯にも便利なWebカメラ

Webカメラにヘッドホンが付属した製品も売っている。これは、ロジクールの「ウェブカム プロ 9000h」

Webカメラにヘッドホンが付属した製品も売っている。これは、ロジクールの「Webcam Pro 9000h」

遠隔地にいる家族や友だちなどと密なコミュニケーションを取りたいと思った場合、便利なのがWebカメラだ。SkypeやWindows Live Messengerなどのソフトを利用すれば、家族や友だち同士でビデオチャットを手軽に楽しめる。インターネット経由なのでテレビ電話などと違ってお金もかからないし、ネットに接続できるPC環境さえあれば世界中どこでも利用できるのが魅力だ。

ペットの様子を定期的に画像でアップロードしたり、ライブ放送する「定点観測」も便利。室内の動きを感知すると自動的に写真を撮影し、Webなどにアップロードする機能を利用すれば防犯にも活用できる。

そこで、これらの用途に向いたWebカメラの選び方を紹介しよう。Webカメラを選ぶ上で重視したいのは以下の点だ。


130万画素以上の高画質モデルを選ぼう

ビデオチャットで利用する映像はそれほど高画質ではない。このため、30万画素程度から320万画素程度までと、デジタルカメラに比べて低解像度なモデルがそろっている。だが低画質なモデルだと同じ画素数でも精細感が大きく異なる。そこで130万画素以上の高解像度モデルをお薦めしたい。本来はデジタルカメラと同様に撮像素子の大きさが重要なのだが、残念ながら仕様に明記されているモデルは少ない。そこで画素数を一つの基準に選ぶことをお薦めする。


オートフォーカス対応やフレームレートも要チェック

従来は一定の距離にフォーカスが合っている「パンフォーカス」やマニュアルフォーカスが主流だったが、最近ではオートフォーカスモデルが増えている。マニュアルフォーカスは論外として、パンフォーカスもピントの合い方が甘いので、オートフォーカス対応モデルを選ぶのをお薦めしたい。また、動画フレームレート(fps、1秒間に記録できるコマ数)もチェックしよう。10fpsや15fpsではカクカクしてしまうので、30fpsのモデルを選びたい。


更新日:2009年12月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する