LAN・無線LAN・Wi-Fi/LAN・無線LANの設定

ファイル共有を実行しよう(Windows 7編)

ファイル共有の準備が終わったら、実際にファイルを共有してみましょう。ここれは、Windows 7上にあるファイルを共有する方法と、ほかのコンピュータからアクセスする方法を解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル共有の概要

まず最初に、Windows 7におけるファイル共有の概要について解説します。

ファイルを共有するには、共有したいファイルを1つのフォルダに入れ、そのフォルダを共有できるように設定するのが基本です。

たとえば、経理で利用する「1月分給与明細.xls」「2月分給与明細.xls」「3月分給与明細.xls」といったファイルをdataといったフォルダに保存し、そのフォルダを共有できるように設定します。もし、共有したくないファイルがあれば、そのファイルを別のフォルダに保存します。

もちろんファイル単位の共有もできます。共有するファイルが1つであれば、ファイル単位の共有を利用してもよいでしょう。ドライブ単位の共有も可能ですが、セキュリティ上あまりお勧めできません。


Windows 7でファイル共有の設定をする

以下にWindows 7のフォルダに共有設定する方法を解説します。ファイルに共有設定をする方法も同じです。

1. 共有したいフォルダを右クリックして、[共有]→[特定のユーザ]をクリックします。
 

 

2. ▼ボタンをクリックして、[Everyone]をクリックします。これは共有したいファイル、フォルダに誰でもアクセスできるようにするためのものです。
 

 

3. [追加]ボタンをクリックします。
 

 

4. [共有]ボタンをクリックします。
 

 

5. [終了]ボタンをクリックします。
 

 

設定はこれで終了です。共有に設定したフォルダには、何も変化はありませんが、共有が設定されているので心配ありません。

次のページで、実際のアクセス方法を解説します。


更新日:2009年11月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    11

    この記事を共有する