浴室/システムバス・浴槽の基礎知識

浴室扉・ドアの基礎知識

浴室と脱衣室をつなぐ浴室扉・ドアには、さまざまなタイプがあります。ここでは、それぞれの特徴と選び方のポイントをまとめました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浴室と脱衣室をつなぐ浴室扉・ドア。他の居室の扉やドアに比べて、あまりこだわらない、という方も多いかもしれません。しかし、家族みんなが日々使用する建具ですし、何も身につけない状態で使うものですから、安全性や操作性には配慮したいもの。清潔さを保つために、お手入れのしやすさも確認しておきたいポイントでしょう。

ここでは、浴室扉・ドアにはどのような種類があるのか、それぞれの特徴や知っておきたい基礎知識をまとめました。

【写真協力】  TOTO 

浴室扉・ドアの種類と特徴

浴室の扉・ドアは、居室の扉と同様に開閉方法によって、いくつかの種類に分けることができます。主なものは、開き戸タイプ、中折れ戸タイプ、引き戸タイプの3つ。それぞれの特徴をみていきます。

・開き戸タイプ
toto

[開き戸] 

一般的なドアのような形状のタイプ。ドアの開き部分にスペースが必要なので、ある程度の広さのある浴室に向いているでしょう。強化ガラスや樹脂パネルなどを用いたものがみられ、中桟のあるタイプとないタイプがあります。タオル掛けにも兼用できる把手が付いたものも。また、最近では、すっきりとしたデザインの親子タイプの商品もみられます。必要な時に開口部を広く取れるのもメリット。

浴室側に開くプランでは、入浴中に倒れるなど万が一の場合、ドアが開かなくなることも。家族構成によっては、脱衣室側から扉を外すことのできる機能を持つタイプを選ぶ方がいいでしょう。

・中折れ戸タイプ
toto

[折れ戸]

縦方向に分割された扉の中程が折れることで開閉するタイプ。扉の半分程度の開きスペースで開閉できるので、浴室内のスペースに限りがある場合でも取り入れやすい扉でしょう。タオル掛けにも兼用できる把手が付いたものも。システムバスでは標準仕様の扉となっていることが多いようです。

開き戸と同様に、ドア部分の工事で済むため、リフォームでも設置しやすいタイプです。選ぶ際には、引き手部分が使いやすいかどうか、実際にしてみて確認することがポイントでしょう。

・引き戸タイプ
toto

[3枚引き戸]

横に平行に引く開閉方法なので、デッドスペースが生まれず、限られたスペースでも設置でき、空間を有効活用できるタイプです。シンプルな1枚引き戸タイプ、2枚引き戸タイプ、3枚引き戸タイプ、引き違いタイプ等があります。

人気は3枚引き戸タイプ。広い開口部を取れることから、ゆとりを持って出入りでき、また入浴中の人が倒れても、扉の開閉を妨げることが少ないので安心でしょう。引手が使いやすいか、スムーズに動くか、チェックしておくことも大切です。


次ページでは、選ぶ際のチェックポイント、最近の傾向をみていきましょう。

更新日:2013年02月12日

(公開日:2010年08月27日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する