マンション物件選びのポイント/マンションの間取り

マンションの1階は買いか? その注意点とメリット

マンションは一般的に同じ間取り・広さでも、階数が高くなればなるほど販売価格が高く設定されます。では、1階には魅力がないのでしょうか? 今回は「マンションの1階」に着目してメリットや注意点をあげます(初出:2010年8月24日)

この記事の担当ガイド

安心・安全な住まいを見極め、女性視点でサポートする一級建築士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでは次に最下階ならではのデメリットとその対策を考えてみましょう。

デメリット1:プライバシー

視線が気になる場所に光は通すが視線は遮る型板ガラスやガラスブロックが使われているならうれしい。

視線が気になる場所に光は通すが視線は遮る型板ガラスやガラスブロックが使われているならうれしい。

1階に住むと、外を歩く人の視線が気になるかもしれません。道路より建物が高くなっていればよいのですが、ほぼ同じ高さだとカーテンを閉めっぱなしにせざるを得ないことも。

視線が気になる窓には型板ガラスが使われていたり、玄関ドアの前につい立て(風除け)などがあるなどの配慮があると良いですね。バルコニーの手すりは縦格子ではなく、半透明のガラスであれば視線を遮りながら明るさを確保できます。1階に住む予定の人はチェックしてください。

デメリット2:生活騒音

最下階のため、下階への音の配慮は少なくて済みますが、反対に上階から受ける騒音に悩まされる可能性があります。上階から聞こえる足音や引き戸を閉める音、排水管を流れる水の音などが気になる時があります。静かな環境を好むご家庭は、最下階は避けたほうが良いかもしれません。

 

デメリット3:上から物が降ってくる

最下階の専用庭やテラスには、上階からさまざまなモノが降ってくることがあります。降ってくるモノは、洗濯ばさみなどの小物から、ゴミ、下着やタオルといった洗濯物など。また、布団を干した時に、ものすごい勢いでパンパン叩く人がいますが、そんな人が上階にいると音や落ちてくるホコリが気になることもあるでしょう。

デメリット4:車の騒音・排気ガス

夜眠れないほどの騒音や窓が開けられないほどの排気ガスがないか確認。

夜眠れないほどの騒音や窓が開けられないほどの排気ガスがないか確認。

窓のすぐそばに交通量の多い幹線道路がある場合は、車の騒音や排気ガスが窓から飛び込んでくるので、ひどい場合は窓が開けられない可能性があります。その場合防音サッシを採用しているか等のチェックをした方がよいでしょう。

デメリット5:床下からの冷気

最下階は夏場は涼しい反面、冬場は床下からの冷気で足元が冷える可能性があります。床下にしっかり断熱対策してあるかどうかがポイントになります。

デメリット6:光環境

マンションの周りに高い建物や植栽がある場合は下層階になるほど日陰になったり、その時間が長くなる可能性が高くなります。特にメインの採光面であるバルコニーに面した方向に日陰をつくるものがないか確認しましょう。高台に建つなど特殊な立地でなければ、周りを見渡す眺望はあまり期待できないでしょう。

デメリット7:防犯性

バルコニーと植栽が近いとドロボウの足がかりになり、低層階は特に危険。1メートル以上離れているか確認を。

バルコニーと植栽が近いとドロボウの足がかりになり、低層階は特に危険。1メートル以上離れているか確認を。

ドロボウは最上階でも入り込みますが、やはり侵入のしやすさでいえば、1階~3階あたりが最も注意が必要です。例えば右図のように、バルコニーのそばに木が植わっていれば、それを足がかりに侵入します。

最近は、低層階住戸の窓に、防犯性が高いと認定されたCP製品を使う、防犯センサーをつけるなど、なんらかの防犯対策を取っている物件も増えてきました。そのような配慮のある物件なら安心です。

低層階に住む場合は、周りの植栽の様子、窓の防犯対策がしてあるかどうかが重要なポイントです。

 

メリットとデメリットを知った上で総合判断

上記のように、マンションの1階にはデメリットとなる要素もありますが、それぞれ対策を取ることでデメリットを少なくすることができたり、返って住みやすくなっているケースもあります。今回取り上げたメリット・デメリットを参考にして総合判断してください。

【関連記事】
マンションの何階に住みたいですか? 
マンションが火事になったらどうする!? 

Copyright(c)2013 住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所 All rights reserved.

更新日:2013年10月07日

(公開日:2010年08月24日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する