動画編集・動画加工・動画管理ソフトを選ぶ

パソコンではビデオなどで撮影した動画を取り込み、動画編集ソフトで加工や編集を行うことができます。フリーソフトにも動画編集ソフトがあり、単にファイル形式を変換するものから高度な映像加工ができるものまで、さまざまな種類のものがあります。

ここでは、動画編集ソフトを機能によりジャンル分けしたうえで、ソフト選びのポイントを解説していきます。


FLV形式にも対応した動画ファイル再生ソフト「sarusaruPLAYER」

動画ファイルはWMVやMPEG4、H.264やMotion JPEGなど、ファイル形式によってそれぞれ異なる圧縮形式が使われていて、再生にはそれぞれの圧縮形式に対応したコーデックと呼ばれるソフトが必要になります。標準的な圧縮形式のほとんどはWindows標準のWindows Media Playerに含まれているため、あまり気にする必要はありません。

しかし、YouTubeなどWeb動画サイトで採用されているFLV(フラッシュ)の動画は対応がされていません。再生にはFLV形式に対応した再生ソフト、またはコーデックと呼ばれる追加プログラムをインストールする必要があります。

そこでここではFLVの再生ソフトの「sarusaruPLAYER」を紹介します。
シンプルな操作で使いやすい「sarusaruPLAYER」

シンプルな操作で使いやすい「sarusaruPLAYER」


このソフトはデザイン的にも操作性も直感的にわかるようにシンプルにまとめられており、すぐに使えるようになります。しかも全画面表示などの動画再生に欠かせない機能は網羅しているため、使えば使うほど満足度が高まるソフトでしょう。

【関連記事】
テレビ感覚で楽しめるWeb動画プレイヤー