ヘッドホン・イヤホン/ヘッドホン・イヤホンの選び方

タイプ(形)で選ぶヘッドホン・イヤホン

ヘッドホン・イヤホンのタイプには大きく分けて「カナル型」「インナーイヤー型」「オーバーヘッド型」の3つがあります。それぞれの特徴とポイントを押さえておきましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘッドホン・イヤホンは、形や構造などによって、いくつかのタイプに分けることができます。用途に応じて、適切なタイプを選べば、より快適に、より高音質に楽しむ事ができます。

イヤホンの種類と特徴

イヤホンはコンパクトで携帯性に優れています。大別して、「インナーイヤー型」と「カナル型」の2タイプがあります。最近では、周囲の騒音が聞こえにくく、音質面で有利な「カナル型」が人気です。

脱着しやすい「インナーイヤー型イヤホン」

耳穴に浅く引っ掛けるように装着するタイプで、「インイヤー型」とも呼ばれます。携帯型音楽プレーヤーなどを購入すると付属している、昔から最もポピュラーな形式と考えれば良いでしょう。

メリットは、着脱が容易な点。製品が豊富で、音質、デザインや色など、好みに合わせて選ぶ楽しさもあります。

デメリットは、周囲の騒音が聞こえ易く、また、聞いている音も周囲に漏れ易い点。

以上の特徴から、騒音の多い電車内、周囲に音が漏れると迷惑な満員電車内で、長時間使用するには不向きです。一方、着脱が容易なので、短時間の電車・バスや徒歩など、環境の変化が多く、周囲の音もある程度把握すべき用途には適しています。

おすすめのインナーイヤー型イヤホン

ゼンハイザー MX375
ドイツの名門「ゼンハイザー」のエントリーモデル。手軽な価格と信頼の音質で人気のモデルです。

 

BOSE SIE2 sport headphones
汗や水しぶきにも強いスポーツ用のイヤホン。BOSE独自のイヤーチップで、インナーイヤー型ながら、動いてもズレにくく、高いフィット感で、遮音性と快適な装着感も実現。音質もBOSEならではのリッチなサウンドで、エクササイズ以外の用途にもおすすめできる良品です。

 

次のページでは、カナル型イヤホンの特徴やおすすめ機種をご紹介します。

更新日:2013年09月18日

(公開日:2008年12月12日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する