外貨預金・外貨MMF/外貨MMFの基礎を学ぼう

外貨MMFのメリット・デメリット

外貨MMFは外貨投資の入門編もいえる商品です。自由に解約ができる、通貨の種類が豊富、といったメリットのほか、デメリットについてもご紹介します

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エムエムエフ」ってどういう意味?

知名度は高くないけれど、魅力の多い外貨MMFについて知っておこう!

知名度は高くないけれど、魅力の多い外貨MMFについて知っておこう!

外貨商品の一つである、外貨MMFまたは外貨建てMMF。「MMF」というのは、「マネー・マーケット・ファンド」を略したものです。性格としては外貨預金とよく似ていますが、名前の通りファンド(投資信託)の一種です。

外貨MMFは、元本の保証はされていないものの、外貨預金に引けをとらないほど安全性を重視した運用が行われています。

外貨MMFには満期がなく、原則として買い付けた翌日から解約することができるので、為替レートが思わぬ動きをした場合にもフレキシブルな対処が可能です。また、金融機関によっては、外貨建ての株式や債券、ファンドなどを購入するために利用したり、債券の利息やほかのファンドの分配金を外貨のままプールしておいたりできるので便利です。

外貨MMFは利回りが高い!

外貨MMFは、運用成果に応じて分配金を受け取る仕組みになっています。多くのファンドと同様に、あくまで運用した成果を投資家へ分配するのであって、利回りは事前に約束されているわけではありません。通常、過去の一定期間の実績から年換算した利回りが公表されているので、これを参考にするとよいでしょう。

外貨MMFの利回りは運用する会社によって異なりますが、外貨預金に比べると高めになっていることが多いようです。さらに、毎月末に分配金が元本に加えられるので、利息が利息を生む「複利効果」も期待できます。

外貨MMFの直近の利回りは、野村証券楽天証券などをはじめ、各社のホームページ上に掲載されています。

次のページ
では、外貨MMFのデメリットについても説明します。

更新日:2013年09月18日

(公開日:2006年10月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する