詐欺発覚

悪い評価はどんどん増えていく
詐欺の手口と特長
最初に詐欺が始まったのは、2006年12月8日終了あたりのオークション。落札者は入金後、振込後3-5営業日は待ちます。そして、商品が届かないことを不審に思って、落札者が疑問や怒りのコメントを評価のコメント欄に書き込み始めたのが12月18日。電話も18日からつながらなくなっていました。 大手匿名掲示板にも12月18日には、詐欺の可能性を指摘する書き込みが並んでいました。

メールが不慣れだったり、連絡が取りづらかったり、配送が遅かったことも、「新規開店」だったということで、「次回に期待する」ということで納得してしまった人もいたようです。

家電ドットコムは、ヤフオクストアだった!

家電ドットコムはオークションストアでした。

ネットオークションは個人取引が基本。個人の場合、住所や電話番号が実在のものとは限りません。そのため取引が完了するまでは心配がつきまとうのですが、ヤフオクストアの場合は、事前に会社の登記簿謄本などをヤフーに提出しているので、個人間取引よりも安心できる、という点が、ヤフオクストアと取引するメリットであり、詐欺にひっかかからないようにするコツだったりしました。

それを全て覆してのヤフオクストアの詐欺。これにはビックリです。


●Yahoo! オークションストアとは

Yahoo! オークションストアは月額料金がかかります。Yahoo! ショッピングに出店をするYahoo!ストアとは違いますが、オークションストアになると、出品ごとにかかる出品システム利用料が無料になったり、複数の商品を一括で出品できる、暗号送信の「ストア注文フォーム」など、様々な特典があります。

ストアになると太字、背景に色を付けるなどが無料。また、ストア出品の場合、ストアアイコンがつきストアだということが一目で分かります。ストア出品だと言うことで、信頼感がアップします。

今回の詐欺の特長

今回の特長はなんといっても、Yahoo! JAPANにストア登録をしている、ヤフオクストアの詐欺だったこと。「取引に不安がある場合は、ヤフーに登録済みのヤフオクストから購入しましょう」と言われるのは、登録をするときに費用がかかることと、登録時の申請書類がヤフーに残っているので、そう簡単に詐欺をはたらくことはないだろうという予測。それを見事に裏切ってくれました。

そして非常に短期。詐欺を行うのは短期間のことが多いですが、その準備期間は長かったりします。今回は短期間に同様の商品で相当数の評価を作っているので、それなりに資金を用意しての詐欺と思われます。

詐欺を事前に見破れたかというと、今回のケースは非常に難しいケースです。詐欺の被害者になってしまった人の話を聞くと、いくつかポイントはあったようです。入札する前に確認しておいてください。

▽家電ドットコム詐欺事件被害者に聞きました


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。