バンコクの流行発信エリアにある芸能人御用達スパ

日本での慌しい生活から抜け出して、タイのリゾートで心も身体も癒されたい!と思う女性も多いのではないでしょうか。実は大都市バンコクにいながらリゾート気分が味わえるスパがあるのです。バンコクで今最も注目を集めるトンローエリアのサリラロムスパ(Sareerarom Spa)をご紹介します。

お洒落に進化し続けるトンローに

バンコクの中でも芸能人や富裕層の居住率がもともと高いといわれていたトンローエリア(BTSトンロー駅)。最近ではタイのトレンドをいち早く取り入れたショップやレストランが続々と出来ていることで高い注目を集めています。

サリラロム・スパはBTSトンロー駅の3番出口の階段を下り、スクンビットソイ(路地)55である、トンロー通りにあります。トンロー通りをまっすぐ1kmほど進むと、トンロー・ソイ(路地)10という右に曲がる路地があります。そこをさらに100mくらい入った右側に静かに佇んでいるのが、今回ご紹介するサリラロム・スパです。

歩くと20分近くかかってしまいますので、BTSトンロー駅を降りてからタクシーでトンロー・ソイ(路地)10の入り口まで行くことをオススメします。ソイ10まで来れば建物が見えてきますので、すぐにわかりますよ。

都会の中に南国情緒たっぷりの隠れ家発見

施術のあともここでゆっくりとハーブティーをいただく
サリラロム・スパの外観はリゾート地にある別荘のような佇まい。建物の周りや噴水のある中庭は、緑の木々に囲まれて南国情緒に溢れていて都会にいながら、リゾート気分が味わえます。ここは、日本人だけでなくタイ人の芸能人やモデルに人気があるというのも納得のできるリラックス空間です。

エントランスを入ると、正面に中庭と噴水が見えてきます。この中庭を囲むように施術室が並んでいます。施術室はダブルルームが3部屋、シングルルームが7部屋。ダブルルームを選べば友達と同じ部屋で施術が受けられますよ。

施術室の中のインテリアは茶色を基調とした落ちついた雰囲気の家具を使いながらも、配置やデザインに開放感があり気持ちの良いリゾート風の空間を演出しています。

次のページでは、他のスパにはないこのスパだけのオリジナルメニューの紹介です。