61回目の終戦記念日となった2006年8月15日。「小泉首相靖国神社参拝!」といったニュースが駆けめぐる中、モバイルグッズ業界(?)にも大きなニュースが飛び込んできたことをご存じだろうか。アサヒビールが9月から11月まで実施するキャンペーンの景品に「“未来型”スーパーワンセグTV Watch」を採用するというもの。

アサヒビールがキャンペーン「2006 うまい!旬感プレゼント!」の景品として発表したワンセグチューナー内蔵の腕時計型PHS端末「スーパーワンセグTV Watch」 9月13日から11月30日まで応募を受け付けるアサヒビールのキャンペーン「2006 うまい!旬感プレゼント!」のページ

スーパーワンセグTV Watchは、ウィルコムの通信端末「W-SIM」を採用する腕時計型PHS端末。モバイル機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」対応チューナーを内蔵しており、屋外などでテレビを見られるのが魅力だ。

PHS初のワンセグ対応端末!……だが非売品

ワンセグ対応携帯電話はNTTドコモの「P901iTV」にボーダフォンの「AQUOSケータイ Vodafone 905SH」、auでは「W33SA」や「W41H」「W33SA II」をはじめとして、先日発表された2006年秋冬モデルの「W43H」や「W43SA」を含めると全5機種が既に登場しているが、PHS端末としてはこのスーパーワンセグTV Watchが初めて。2006年7月に発売された「W-ZERO3 [es]」の周辺機器としてピクセラがワンセグチューナーの発売を発表したが、PHS端末単体としては初のモデルとなる。

NTTドコモのワンセグケータイ「P901iTV」 ボーダフォンのワンセグケータイ「AQUOSケータイ Vodafone 905SH」

auが8月28日に発表したワンセグケータイ「W43H」 同じく8月28日にauが発表した「W43SA」

ちなみにこのスーパーワンセグTV Watch、アサヒビールが9月13日から11月30日まで実施する「うまい!を選ぼうキャンペーン “2006 うまい!旬感プレゼント!”」の景品として提供されるもので、「製品として販売する予定はない」(アサヒビール広報部)とのこと。「スーパードライ」をはじめとするビール製品や発泡酒など、対象商品に付いているシールを36枚集めて応募すると、抽選で5000人に当たる。未成年者は応募できないが、ビールテイスト飲料も対象商品になっている。「ほとんど飲めない」という人でも、もしスーパーワンセグTV Watchをゲットしたければ、たくさん飲んで応募してみるといいだろう。

>>NEXT W-SIMを利用しているのでW-ZERO3 [es]との使い分けも可能!