デスクトップパソコンでも無線LANが使える!

 どの家にもパソコンが当たり前のように設置してあります。しかし、電話機の近くにパソコンラックを置いているケースがポツポツ。聞けば、ADSLモデムの関係でリビングにパソコンラックを置くしかないとか。「本当は別の場所にパソコンを置きたいのに、ブロードバンドの配線の関係でやむを得ず設置している」、そんな悩みを持っていませんか?

 さて、ノートパソコンでは、配線無しで使える「無線LAN」を内蔵するモデルが増えています。しかし、無線LANはノートパソコン専用ではありません。デスクトップパソコンでも使えるのです!

無線LAN前
無線LAN導入前、やむなくこんな場所に…

 では、デスクトップパソコンで無線LANが使えると、どんなメリットがあるのでしょうか。

モジュラージャックの近くにパソコンデスクを置かなくて良い

 ADSLモデムの場所の関係で、仕方なく電話線の近くにパソコンラックを置いている。本当は別の部屋にパソコンラックを置きたいのに…。こんな相談をよく耳にします。長いLANケーブルを使えば、パソコンラックの場所を変えられますが、今度は見栄えの問題が出てきますよね。
 デスクトップパソコンで無線LANが使えれば、LANケーブルを気にすることなく、好きな場所にパソコンを設置できます。

2階にもブロードバンドを導入できる

 大学生の息子が自分のパソコンを買った。2階の自分の部屋にブロードバンドを入れてくれと頼まれたが、ADSLは1階にある…。私の実家は、電話の配管を利用してLANケーブルを2階まで延長しましたが、これが一苦労。
 無線LANがあれば、工事をしなくても2階にもブロードバンドを導入できます。

マンションでも別の部屋にブロードバンドを導入できる

 分譲マンションで工事が難しい、賃貸のため工事は事実上不可能。でも、ADSLモデムから離れた部屋にパソコンを置きたい。せっかくリビングのインテリアを統一しても、無骨なパソコンラックにデスクトップパソコンが置いてあったら興ざめですよね。
 これも、無線LANが使えれば解決できます。2枚程度の壁なら無線LANの電波は到達できるケースがほとんどです。無線LANを使って、パソコンを隣の部屋に移しましょう。

 では、次のページで実際に必要な機器を解説します。