株式会社ゆうちょ銀行

オークションで靴を買う
ゆうちょ銀行からのお振り込みは?
日本郵政公社は平成19年10月1日に民営・分社化し、株式会社ゆうちょ銀行となりました。

何が変わったのかというと、機構としては、いままでの郵便貯金の業務は「独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構」 (以下「郵貯・簡保管理機構」と略称します)へ移管され、実際の取扱いは、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構から委託を受けた「株式会社ゆうちょ銀行」の店舗、株式会社ゆうちょ銀行が委託する「郵便局株式会社」の店舗である郵便局の貯金窓口で行うこととなっています。

ここでオークションに深く関連する「相手の口座への振り込み手数料」を確認しましょう。

相手の口座に入金する

郵貯銀行の窓口やATM、ゆうちょダイレクトで、相手のゆうちょ銀行口座に振り込むのは「電信振替」です。

窓口 140円
ATM 無料(※2)
ゆうちょダイレクト(※1) 110円
新総合通帳、郵便振替口座などの、自分の(振替)口座から、相手の(振替)口座に、送金することを、振替と言います。正式名は「「送金機能付総合通帳」、「ぱるる」と呼ばれていました。

銀行の場合「振込金額が3万円以上の場合、振込手数料○○円」と、振込金額によって振込手数料が変わりますが、ゆうちょ銀行の振替は、送金する金額がいくらであっても定額です。金額の大きい振込の時に有利です。

ゆうちょダイレクト(※1)は、郵便貯金ホームサービス インターネットホームサービスの新名称です。

振替手数料無料(※2)

ATMでの送金は、もともと120円でしたが、ゆうちょ銀行では「民営化記念キャンペーン」で、2008年9月30日まで、ATMでの送金手数料が無料です。(※2009年9月30日まで延長されました)

今まで手数料で比べると、インターネットを使った、郵便貯金ホームサービスがお得でしたが、2008年9月30日までは、ATMでの送金が手数料無料となっていますので、ATMを利用する方がお得です。

近くにゆうちょ銀行がない、出向くのが大変、という場合は仕方ないですが、近くにATMがある人は、この1年間は足を運んでATM利用がおすすめです。

利用にあたってはいくつか適用除外があります。
  • 同じATMからの送金でも「払込書」による送金(通常払込み)
  • 払込専用カードによる送金(電信払込み)及び他の金融機関への送金(相互送金)
  • ATMにおける1日当たりの送金及び払戻額の上限(本人確認をしていない口座から10万円を超える送金はできません)
とにかく1年間は ATM!と覚えておきましょう。

ちなみに「ゆうちょう」とか「郵協」

ちなみに新会社となり、名称も仕組みもまだよくわかっていない最中に、怪しい情報も行き交っています。

「ゆうちょう」の名義で、「1,000万円当選したので、当選金振込みの手続きを開始してください。」という内容が送られてきます。新しく民営となったゆうちょ銀行。民営になったので、もしかしたらそんなこともあるのかも?と、ウッカリだまされてはいけません。ゆうちょうは株式会社ゆうちょ銀行とは関係のない名称です。くれぐれも、当選金振込手続きとして、個人情報、口座情報などを漏らさぬようにご注意ください。

「郵協」の名義で、金融、融資勧誘等のチラシがポスト投函されています。これもゆうちょ銀行とは無関係です。ご注意ください。

関連サイト

落札商品の代金の支払方法はコレ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。