ネットオークション初めての入札の注意

初めての入札は、ここに気をつけろ!

「ネットオークションを使ってみたいけど、ちょっと怖い」という人は多いと思います。

トラブルを100%回避する究極の方法は

「やらないこと」

です。でも、それでは楽しくないし、便利じゃない。できるだけトラブルに巻き込まれないように、楽しく利用するための基本の八ヵ条です。

高額商品には手を出さない
~詐欺も低額の商品では起こる確率が低い~

欲しいものがあるからオークションを始めるわけですから、あまり欲しくもない低額の商品だけに入札をしていてはつまらないかもしれません。しかし慣れないうちに高額商品に手を出すと、オークションに馴れている人なら避けることのできるトラブルにまんまと引っかかってしまうかもしれません。特にインターネット初心者であり、オークション初心者でもある人の最初の入札は、ダマされても授業料くらいに思える(思いたくはないが)安い商品にしておきましょう。

では安い商品とはいくらのことなのか?それは「そんなささいな金額では詐欺を働く気にもなれない」という金額です。1000円単位の商品。もっとも詐欺にあったら100円でも悔しいわけですが。

説明文をじっくり読む
~マイルールと文章の印象~

入札前に、商品の詳細説明はじっくり読みましょう。引き渡しや、連絡や入金の期限や、商品発送のタイミング、料金支払い方法などに[マイルール]と呼ばれている、独自のルールを作成している人がいます。安い商品に入札したのに「梱包、送料一律2000円いただきます」と書いてあるとショックです。ちゃんと読んで納得してから入札をしましょう。

説明文などが高圧的ないいまわしで書いている出品者とは取引をしたくないものです。取引でトラブルになったときに、同じような高圧的な態度で対応されることが予想できます。怖い怖い。

評価を確認
~コメント欄も確認~

すでにたくさんの悪い評価がある場合は入札しません。評価や評価コメントをよく読み、出品者が信頼できそうか自分で確認してください。ついている評価が多い場合、いくつか悪い評価がついていることがありますが、「悪い」が全体の取引のどれくらいの割合を占めているかで判断します。

また、評価のコメント欄で取引相手と辛辣な言葉の応酬をしている出品者も要注意です。

写真はおかしくない?
~実物は本当にある?商品の確認~

写真が他のサイトからのコピーだったり、カタログからの抜粋だったりする場合は、実物を持っていない可能性があります。つまり詐欺に遭う可能性が高いことになります。

写真でキズや汚れもチェックしましょう。ピントがはずれていてぼけている写真などで、商品がよく確認できない場合は、入札を取りやめます。

パソコンはそれぞれ色も見え方が違います。こちらではオレンジに見えていても、ピンクだったりすることもあります。色にこだわりがある商品には入札しないようにしましょう。また出品者が書いている色に関しては商品説明もよく読みます。

期限が迫っているものはやめる
~慌てるとろくな事がない~

チケットなどの期限があるもの。これは取引がスムーズに進まないときにトラブルになる可能性があります。チケットは期限があるものが多いので、引き渡すほうも受け取るほうもドキドキハラハラする商品です。メールの連絡など、迅速な対応も求められることがあるので、時間に余裕がなく対応できそうにないときはやめておきましょう。

解らないことは事前に質問
~疑問は入札前にQ&Aで~

わからないことや不安な内容がある場合は、質問をして入札前に解消しておきましょう。質問しても回答してもらえなかった場合は、その商品に入札をするのはあきらめます。質問も練習だと思って、思い切って上手に質問をしてみてください。

熱くなりがちなマニアものはちょっと怖い
~その分野の知識に詳しいですか?~

ファンやマニアがたくさんいるような商品は、ファンではなくてはわからない要素がたくさんあります。その分野に詳しくないとちょっとしたなかなか足を踏み入れにくい世界です。

支払い方法の確認
~希望の支払い方法が明示されていますか?~

支払い方法は、出品者が出品時に設定をします。明示されていない方法では取引ができないと考えてよいでしょう。例えばヤフオクの場合は

  • 銀行振込
  • 郵便振替
  • 現金書留
  • 商品代引
  • Yahoo!かんたん決済(クレジットカード決済)

と、このように書かれていれば、この方法で支払うことはできますが、書かれていない方法を希望の場合は、あらかじめ質問して許可をとっておくか、入札をやめましょう。

以上、初めて入札するときの注意点です。充分注意をして楽しいオークションライフを♪

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。