マネーtips!お金持ちになるための365日

76歳で就活中「夫婦で月25万円の年金では足りず蓄えが底をついてしまう」と語る男性のリアルな年金事情

老後の心配事といえば、やはりお金。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All Aboutが実施したアンケート調査から、北海道在住76歳男性のケースを紹介します。

あるじゃん 編集部

執筆者:あるじゃん 編集部

  • Comment Page Icon
金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。もっと出世しておけばよかったと現役時代に後悔を持つ人もいるようです。

現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All Aboutが実施したアンケート調査から、北海道在住76歳男性のケースをご紹介します。

回答者プロフィール

シニア男性
回答者本人:76歳男性
同居家族構成:本人、妻(73歳)、子(48歳)
居住地:北海道
リタイア前の雇用形態:正社員
リタイア前の年収:900万円
現在の貯蓄額:預貯金約400万円、リスク資産約400万円
現役時代に加入していた公的年金の種類と加入年数:厚生年金36年

現在受給している年金額(月額)

老齢年金(国民年金と厚生年金):18万円
障害基礎年金や障害厚生年金(障害年金):なし
遺族基礎年金や遺族厚生年金(遺族年金):なし
その他(企業年金や個人年金保険など):なし

配偶者の年金や収入:年金80万円(年額)

「年金だけでは生活できないのが実態」

現在の年金額について満足しているか、の問いに「どちらでもない」と回答した今回の投稿者。

その理由として「それなりの金額を頂いている方だと思いますが、実態として年金だけでは生活出来ない状況ですので。従って『どちらでもない』という事になります」と語っています。

ひと月の支出は約「35万円」。いっぽう年金受給額は配偶者と合わせても月25万円程度。年金だけでは「毎月足りない」と回答されています。

「先月で失業。就活しているが求人は限定的」

「先月まで個人事業主として毎日配送の請負業務」をしていたと言う投稿者。

これまで年金で足りない支出については「その収入から毎月10万円ほど補填」していたが、「先月でその仕事が終了してしまいましたので現在就活中」とのこと。

ただ「高齢者が出来る仕事が限られている」と現状は厳しい様子です。

「現役時代は収入を見事に使い切っていた」

今は「生活資金が不足して蓄えが底をついてしまう事が一番不安」とのこと。

支出を抑えるために「旅行や外食などはほとんど行きません。食べる物も死なない程度に食べていれば良いと思っているのですが、なかなか節約の成果は上がりません」と肩を落とします。

「現役時代は会社役員をしておりそれなりに収入はあったのですが、老後の為に貯蓄するという感覚は全くありませんでした。『生活していければいいや』という感じで見事に使い切っていたと思います、今思えば『老後のことを考えて一定程度貯蓄する』という習慣があれば良かった」と後悔は尽きない様子です。

とはいえ「とにかく健康で働ければありがたいと思っております」と気持ちは前向き。「趣味はそれなりにありますが子供や周囲に迷惑をかけないように暮らしていければ幸せです」と語られていました。

※皆さんの年金エピソードを募集中です。エピソードの採用で3000円分のAmazonギフト券をもれなくプレゼント。応募はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーー
※カッコ内の回答者コメントは原文ママです
※エピソードは投稿者の当時のものです。現在とはサービスや金額などの情報が異なることがございます
※投稿エピソードのため、内容の正確性を保証するものではございません
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます