マネーtips!お金持ちになるための365日

64歳・貯蓄200万円「妻と息子の収入でなんとか暮らせている」という男性の老後、再雇用のリアル

老後の心配事といえば、やはりお金。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All Aboutが実施したアンケート調査から、千葉県在住64歳男性のケースを紹介します。

あるじゃん 編集部

執筆者:あるじゃん 編集部

  • Comment Page Icon
金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。もっと出世しておけばよかったと現役時代に後悔を持つ人もいるようです。

現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All Aboutが実施したアンケート調査から、千葉県在住64歳男性のケースをご紹介します。

回答者プロフィール

シニア夫婦
回答者本人:64歳男性
同居家族構成:本人、妻(61歳)、息子(33歳)
居住地:千葉県
リタイア前の職業:保険業
リタイア前の年収:345万円
現在の貯蓄額:預貯金約150万円、リスク資産50万円
現役時代に加入していた公的年金の種類と加入年数:基礎年金31年、厚生年金31年、企業年金15年

現在受給している年金額(月額)

老齢基礎年金(国民年金):4万4900円(繰り上げ受給)
老齢厚生年金(厚生年金):4万8100円(繰り上げ受給)
障害基礎年金や障害厚生年金(障害年金):なし
遺族基礎年金や遺族厚生年金(遺族年金):なし
その他(企業年金や個人年金保険など):企業年金2万5800円

配偶者の年金や収入:給与収入260万円(年額)

「全ての物が値上がりして食べていくのがやっと」

現在の年金額について「満足していない」と回答した今回の投稿者。

その理由として「世の中の全ての物が値上がりしてしまい食べていくのがやっとだ。現在の会社(保険代理店)に17年ほど勤務しているが、両親の介護のため転職できず、赤字続きで安月給のため平均標準報酬額がダダ減りしてしまった。以前は証券・外資系生保にいたのでそれなりに平均標準報酬額は高かった。繰り上げ受給のため24%も(受給額が)カットされたのが大きい」と語っています。

ひと月の支出は3人暮らしということもあり約「30万円」。年金だけでは「毎月足りない」と回答されています。

「住宅ローンと借入返済のため再雇用で働いている」

年金で足りない支出については「家内と息子の収入で成り立っている」という投稿者。

投稿者ご本人の今の雇用状況は、金額は不明ですが「定年を迎えた会社で再雇用。保険代理店で週40時間」勤務されているとのこと。

「住宅ローンと、両親の介護のために(借りた)ローン返済のため働いています。それから17年以上続けているヲタ活のため。AKB48」と続けます。

またご自身のことを「生まれつきのキリギリス人で浪費家である」と表現。

「高いものばかりローンで購入することの連続だった。毎月の積立をしたかったが、きっとそれも使ってしまっただろう。企業年金も自分の支払い分は解約してしまったので、今受け取っているのは会社負担分だ」と振り返ります。

「70歳以降、蓄えが無く食べていけるか大変不安」

自身を浪費家と表現する一方で、日々の支出については、「暖房の温度は20度に設定してサーキュレーターで循環させている。1人分のミルク等はレンジで加熱する。鍋で温めると鍋を洗う水とお湯のためにガスを消費するから。大きな鍋で大量にカレーを作り2~3日食べている。息子は何日で(も)食べられると言っている」と工夫しながら節約している様子がうかがえる投稿者。

満足のいかない年金についても、「個人年金(を掛けることは)はできなかったが、少ないながらも(老齢年金や企業年金が)定期的に振り込まれてくるので、生活の足しになりそれなりに助かっている」とコメント。

ただ先のことを考えると、「現在の仕事は70歳までなので、蓄えが無く食べていけるか大変不安だ。仮に息子が結婚すると言っても、何もしてやれない。あとは自分と家内の介護が非常に不安だ。一人息子なのでかわいそうだ」と複雑な感情をのぞかせていました。

※皆さんの年金エピソードを募集中です。応募はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーー
※カッコ内の回答者コメントは原文ママです
※エピソードは投稿者の当時のものです。現在とはサービスや金額などの情報が異なることがございます
※投稿エピソードのため、内容の正確性を保証するものではございません
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/4/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます