マネーtips!お金持ちになるための365日

年金月16万円で貯蓄4000万円「不動産収入で不自由なく生活」62歳男性が語る年金暮らしのリアル

年金暮らしで不自由なく暮らしている人は、現役時代にいくら稼ぎ、現在はどのような収入源があるのでしょうか。All About編集部が実施したアンケート調査から、北海道在住62歳男性のケースを紹介します。

あるじゃん 編集部

執筆者:あるじゃん 編集部

  • Comment Page Icon
62歳男性に聞いた、年金暮らしのリアル

62歳男性に聞いた、年金暮らしのリアル(画像はイメージ)

金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。年金以外の収入源を持っている人もいるようです。

現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部が実施したアンケート調査から、北海道在住62歳男性のケースを紹介します。

回答者の情報

こちらの男性は、既婚で子どもあり。現役時代のピーク年収は50代の頃の800万円で、現在の貯蓄額は4000万円。62歳時点の年金額(老齢基礎年金や老齢厚生年金などの合計)は月16万円で、その額には「満足している」と回答しています。

「不自由なく楽しく生活している」

年金額に満足している理由として「月々の生活費は高齢世帯での平均的な額、税金含めて27万円以内と決めており、夫婦2人世帯の当世帯では、自分の年金収入の他に妻の年金、そして不動産賃貸収入があり、月額は30万円ほど」と語る男性。

「贅沢はできず、また、するつもりはもともとないことから、収入に見合った日本国民の平均的な生活を送れており、満足している。なお、生活に係るこれらの収入源のほかに、株式など投資から生じるものもあり、この収入は電化製品や旅行費用等臨時的な費用に充てており、不自由なく楽しく生活している」と、他の収入源があるため年金額に不満はないようです。

「旅行に行き、さまざまなことを体験したかった」

現役時代の後悔について伺うと「後悔はなく、早期退職して正解だった。現役時代という言葉を『若い時』と置き換えると、若い時は投資をあまりしていなかったので、投資の勉強をしてこつこつと積立投資などを実践しておけば、今以上に財産を築くことができ、精神的な豊かさを享受できたに違いないと考え、後悔している」とのこと。

「また、若い時は、旅行をさほどしなかったので、感受性が強い時期に、旅行に行き、さまざまなことを体験したら良かったと後悔している」と、若いうちの投資や旅行などの体験をしておけば良かったと悔いているようです。

「毎月の生活を贅沢なものにとは考えていない」

現在の年金暮らしで工夫している節約術があるか伺うと「固定費を節約する必要があり、その対象として通信費を見直した。携帯電話業者は格安事業者で十分。公共料金の支払いは、クレジット払いとし、ポイントを稼ぐ。株主還元に力を入れている企業の株を取得し、優待を得ると家計が助かる。年金から税金が天引きされているが、妻の年金が少ない場合は、公的年金控除と基礎控除を加味すると、確定申告をすれば還付される可能性があるので、税金の勉強をすること」とのこと。

今後については「あと3年で、妻の老齢基礎年金が入るので、生活に使える金額が拡大し、ゆとりある生活を送ることができる。毎月の生活を贅沢なものにとは考えていないし、美食は体に良くないので、現在とほぼ同様の普通レベルの生活をベースにして、3年後からは、旅行に力を入れて行きたい。応援しているチームがあるプロ野球、Jリーグなどの試合を観戦したり海外旅行をしたり、楽しみたい」と語ってくれました。

※回答者のコメントは原文ママです
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます