アウトドアブームで、一躍注目を集める「アノラック」

WEAR

この春、コーデに取り入れたい「アノラック」

コロナ禍の今、大自然の中で三密を回避できるレジャーとして、キャンプやBBQといったアウトドアで楽しめるアクティビティに人気が集まっています。そこで、注目を集めるのがアウトドアファッション。中でも、この春多くのメーカーやブランドから登場し、話題となっているのが「アノラック」です。

アノラックとは、山岳登山などでよく着用される、フードのついたハーフジップ仕様の防寒ウエアのこと。アラスカの先住民であるイヌイットの「アノガジェ(防寒着)」が語源になっているといわれています。

もともと登山用アイテムなので、防水性、耐風性が備わっており、機能性に優れている点がアノラック最大の魅力。突然の雨や風から身体を守ってくれて、体温を保ってくれるので、アウトドアを始め、野外フェスやお出掛け時にも最適。ジョガーパンツといったスポーティーなコーデにもマッチします。

ハリのある素材感のものや、春らしい淡いカラーを選ぶなど、きれいめな印象に仕上げると大人っぽい印象に。トレンドのロングスカートと合わせれば、今っぽい抜け感を演出できますよ。

次に、アノラックを使った、この春おすすめのコーデを4点ピックアップ! 早速、見ていきましょう。
 

1. クロップド丈スエットパンツでスポーティーに

WEAR

出典:WEAR

スポーツブランド「NIKE(ナイキ)」のアノラック。裏地にメッシュが施されたタイプは、優れた通気性と快適さから、アウトドアシーンにぴったり。伸縮性のある裾と袖口のものなら、暖かさを逃さずキープしてくれて、長時間の外出時にも最適です。ルーズフィットのシルエットは、ゆったりとした着心地を叶えてくれます。

そこに、クロップド丈スエットパンツを合わせれば、リラックス感のあるスポーティーな着こなしに。クロップド丈とは、裾丈を普通のものより短くカットしたボトムスのこと。見た目が可愛いだけでなく、嬉しい脚長効果も。細身シルエットのタイプなら、スッキリとしたスタイリングを演出してくれます。
 

2. デニムパンツを投入して、大人カジュアルコーデの完成

WEAR

出典:WEAR

ビッグシルエットで、華奢見えを叶えてくれるアノラック。トレンドのスポーツミックススタイルにぴったりで、いつものスタイリングに取り入れるだけで、感度の高い着こなしに。裾をしぼれるドロストコードが入っているタイプなら、シルエットを調整できるので、どんなボトムスともマッチします。

こちらは、そんなアノラックに、こなれ感漂うややゆとりのあるテーパードシルエットのデニムパンツを合わせたコーデ。肩肘の張らない大人カジュアルスタイルに仕上がっています。腰まわりはゆったりしていて、裾に向かって細くなるシルエットを持つテーパードパンツは、美脚効果も期待でき、大人女性にぴったりです。
 

3. ホワイトカラーのテーパードパンツを合わせて、きれいめに

WEAR

出典:WEAR

ペールグリーンが、春らしさ満点のアノラック。ユニセックスで着られる一枚は、パートナーと兼用で着用するのもおすすめ。しっかりとハリ感のある素材が使用されたタイプを選べば、シルエットにメリハリを醸し出すことができます。オーバーサイズのものなら、インナーに地厚なアイテムを持ってきても、ゴワゴワしません。

スポーティーな印象のアノラックに、ホワイトカラーのテーパードパンツを合わせれば、大人女性におすすめのきれいめコーデが完成。ホワイトパンツは、フェミニンコーデがお好きな方にぴったりです。足元には、「UNIQLO(ユニクロ)」のシルバーパンプスを投入して、華やかなアクセントをプラスしています。
 

4. ロングスカートでフェミニンに演出

WEAR

出典:WEAR

コットン素材のショート丈アノラック。ナチュラルな風合いが魅力のコットン素材は、オン・オフ問わずカジュアルに着用可能です。裾がしぼれるデザインのタイプを選べば、ウエスト部分の細見え効果が期待できます。ネックまわりにボリュームを持たせたデザインなら、今っぽいこなれた雰囲気に。

そんなアノラックに、ラメがアクセントになったロング丈のプリーツスカートを合わせるとフェミニンコーデの完成。ベースが落ち着いた色味の一枚なら、ラメでも派手な印象になり過ぎず、難易度が下がって取り入れやすくなります。ウエストがゴム仕様のものなら、ラクチンなはき心地でストレスフリーで過ごせますよ。

以上、この春注目のアノラックをご紹介しました。ぜひ、春コーデに取り入れてみてはいかがでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。