普段のコーデにレイヤードして使う、大人向け防寒アイテム

持っておくと快適に過ごせそう! 寒い時に役立つ防寒グッズをチェック

持っておくと快適に過ごせそう! 寒い時に役立つ防寒グッズをチェック

寒い日でも、コーデにプラスするだけでOKな防寒アイテムがあれば怖くない! 持ち歩きも可能なアイテムがあれば、一日の寒暖差にも対応でき、より快適に過ごすことができます。大人の女性がおしゃれに身につけられる防寒アイテムと、そのコーデのコツをご紹介します。
 

アームウォーマーで冷えやすい手を暖かく

カシミヤ素材のアームウォーマーは肌触りも抜群 出典:WEAR

カシミヤ素材のアームウォーマーは肌触りも抜群 出典:WEAR

手袋を付けるほどではないけれど、手が冷える、袖から入るすきま風が寒い……と感じることありますよね。そんな時に便利なのが「アームウォーマー」です。

「アームウォーマー」とは、腕に装着する筒型のカバーのこと。ベーシックな色のものなら、トップスやアウターの延長のように見えますし、見た目が自然なので大人の女性もトライしやすくおすすめです。

写真のアームウォーマーはカシミヤ100%素材なのでスポーティーになりすぎず、上品な印象に。軽くて暖かいので、防寒面でも◎です。指先が出ているので、スマホ操作などにも支障がなく、使い勝手がいいのも嬉しいポイントです。
 

ネックウォーマーやスヌードで首元をガード

ケープ風のスヌードはコートの上からかぶせてもOK 出典:WEAR

スヌードはコートの上からかぶせてもOK 出典:WEAR

「ネックウォーマー」や「スヌード」は、いずれも筒状になっている、首まわり用の防寒具のこと。長さによっては二重に巻いてセットするデザインもありますが、そのまますぽっとかぶるだけで装着できるのが特徴。マフラーのように端がなく輪っか状のため、わざわざ首に巻きつける手間が省けますし、隙間も空きにくいため安定して暖かさをキープできるのがメリットです。

アウトドア用には、フリース地でつくられたスポーティーなネックウォーマーも多いですが、大人の女性がオンオフ問わず使うには、写真のようにシンプルな無地のニット素材のものがおすすめ。コーディネートを選ばず合わせられて、防寒面もばっちりです。
 

ケープやポンチョはアウターのように重ねて

ケープやポンチョはトップスの上からそのまま重ねられて便利 出典:WEAR

ケープやポンチョはトップスの上からそのまま重ねられて便利 出典:WEAR

袖がなくマントのようなケープや、同じく袖がなく、ニットのように頭を通すだけで着られるポンチョは、さっと気軽に羽織れて暖かいのでおすすめ。ウエスト辺りまで長さがあるデザインが多く、アウター代わりにも使える暖かさです。裾に動きがあるデザインが多いので、軽やかでおしゃれ上級者に見える一押しアイテムです。

また、肩や身幅のフィット感などを気にする必要がないので、あまりサイズを気にせず着られるのも楽チン。トレンドのオーバーサイズコーデに自然に合わせられるのもメリットです。
 

レッグウォーマーはソックス感覚でプラスして

ボトムスやシューズなど、下半身のコーデと馴染ませるのがポイント 出典:WEAR

ボトムスやシューズなど、下半身のコーデと馴染ませるのがポイント 出典:WEAR

寒くなると、足元の冷えを感じるという大人の女性も多いのではないでしょうか。そんな時、コーディネートにプラスできるレッグウォーマーがあるととっても便利です。

パンツの上から装着すると、より密着するので暖かさはアップしますが、アウトドア風の着こなしに見えたり、つけている感が目立ってしまうことも。

大人の女性が自然に取り入れるには、ソックスのような感覚で、ボトムスやシューズなどの下半身のカラーコーディネートになじませて取り入れるのがおすすめ。

パンツの時は裾にひっかからないよう、パンツの下にソックスを重ね履きするような感覚で取り入れると◎。またスカートの時は、スカートやシューズと同系色のものを選ぶと、レッグウォーマーが浮かず、自然な印象に仕上がります。

この季節に取り入れたい防寒アイテム、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。