ユニクロパンツを味方につけて、おしゃれを楽しもう!

WEAR

ワードローブに招き入れたい、ユニクロパンツ

今や、私たちの毎日のコーデに欠かせない存在となっている「UNIQLO(ユニクロ)」。中でもユニクロのパンツは、美脚効果はもちろん、おうち時間に嬉しい楽さも叶えてくれる秀逸アイテムです。

今回は、デニムパンツや、リネンパンツ、スカートパンツなど、大人女性におすすめのユニクロパンツを使ったコーデを5点ピックアップ! 早速、みていきましょう。
 

1. ウルトラストレッチジーンズ

WEAR

出典:WEAR

ユニクロアイテムの中でも支持率が高いのが「ウルトラストレッチジーンズ」。伸長率が抜群で、どんな動きもストレスフリーなので、おうち時間も快適に過ごせます。長時間はいていてもズレ落ちにくく、しゃがんだりしても安心な深さのミドルライズなのでストレスフリー。ひざから足首まできれいに沿ったテーパードシルエットなので、脚をより長く美しく見せることが可能です。裾は切りっぱなしのカットオフデニムで、今っぽい印象。

スキニーデニムに苦手意識を持っている大人女性も多いと思いますが、サイズをワンサイズ、もしくはツーサイズ上げて少し余裕を持たせるとトライしやすいですよ。

写真のようにブラックカラーを選べば、引き締め効果がより期待できます。きれいめな印象のホワイトシャツも、デニムと合わせることでカジュアルダウン。ボーダー柄のカーディガンを肩掛けすれば、一気にスタイリッシュな雰囲気に。丈が長めのシャツをセレクトすると、気になるお尻を上手にカバ―してくれます。シューズもデニム同様にブラックで統一すると、脚長効果が狙えますよ。
 

2. リネンブレンドリラックスストレートパンツ

WEAR

出典:WEAR

リネンの清涼感とレーヨンのドレープ感をあわせ持つ素材で、上品見えが叶う「リネンブレンドリラックスストレートパンツ」。脚のラインを拾いにくい、リラックス感のあるストレートシルエットなので、おうち時間も快適です。ハイウエストのフルレングスで、脚長効果が期待できる一本です。フロントはボタンとベルトループできちんと見えますが、後ろのウエスト部分はゴム仕様なので楽々。カラーは、画像のブルーのほか、ブラック、ベージュ、ブラウン、グリーンの5色展開です。
 

3. シフォンプリーツスカートパンツ

WEAR

出典:WEAR

一見、スカート見えするボリュームのあるシルエットに、ランダムプリーツで動きをプラスした「シフォンプリーツスカートパンツ」。丈は少し長めですが、裾幅を細くしてボリュームを抑えてあるので、軽やか、かつすっきりとしたシルエットになっています。プリーツ加工が施されているので、コーデに投入した途端、フェミニンな雰囲気に。

そこに、サラッとした肌触りで、程良い透け感のあるライトな印象のブラウスを持ってくれば、より春らしい印象に。抜き襟にして着こなすと、今っぽいコーデが完成します。
 

4. ストレッチダブルフェイスストレートパンツ

WEAR

出典:WEAR

表面は滑らかなモダール、裏面はポリエステルで適度なハリ感を持たせた、新素材のダブルフェイス使いの「ストレッチダブルフェイスストレートパンツ」。ストレッチが効いており、動きやすいのが嬉しいポイントです。洗っても取れにくいセンタータック入りなので、きちんと見えが叶います。ウエスト部分がゴムになったイージーウエスト仕様なので、お腹まわりも窮屈にならず、楽ちんなはき心地です。

今季、トレンドに挙がっているコットンニットベストを、ホワイトトップスの上にレイヤードすれば、今っぽいコーデの完成。ぜひ、トライしたい着こなしです。
 

5. リラックスストレートパンツ

WEAR

出典:WEAR

こちらは「Uniqlo U(ユニクロユー)」の「リラックスストレートパンツ」。ストレートのワイドシルエットで、洗練された印象を与えつつ、しなやかな素材感ではき心地が快適。ウエスト前部分はジッパー仕様ですが、総ゴム入りのパンツなので、楽々。テラコッタ寄りのブラウンカラーなので、フェミニンにはきこなせます。テーラードジャケットと合わせて、セットアップとしても着用可能です。

画像のように、ブラウスとシューズをホワイトで統一すると、抜け感が生まれて、春らしい爽やかな着こなしになります。

以上、大人女性におすすめのユニクロパンツを使ったコーデを5点ご紹介しました。気になるパンツがあったら、ぜひチェックしてみてくださいね!


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。