2021年春のトレンドカラーをいち早く取り入れて、マンネリコーデを打破!

  春のトレンドカラーを、一足お先に冬コーデに取り入れよう

春のトレンドカラーを、一足お先に冬コーデに取り入れよう


だんだんと冬コーデがマンネリ化してきた今、おすすめなのが2021年春のトレンドカラーをいち早くコーデに取り入れて、フレッシュなコーデを組み立てること。

グローバル・カラートレンドの予測などを行っている「PANTONE COLOR INSTITUTE(パントン・カラー・インスティテュート)」が発表した2021年春夏の「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」では、「イルミネイティング(明るい黄色)」と「アルティメットグレー」の2色が選定されました。その他、セルリアン(パウダーブルー)やグリーンアッシュ、バーントコーラル(オレンジ味の強いピンク)なども選ばれています。

全体的に、2021年のトレンドカラーには、自然からインスピレーションを受けたものや、明るく落ち着いたカラーが選定されており、前向きな気持ちに導いてくれるものが多く見られました。

今回は、そんな春のトレンドカラーを取り入れたコーデを4点ピックアップ! 早速、みていきましょう。
 

1. イルミネイティング(明るい黄色)

WEAR

出典:WEAR


活気に満ち、勇気づけられる明るい黄色は、コーデに投入した途端、明るさを演出してくれます。こちらは、コットン×アクリルのイルミネイティングカラーのニット。冬から春に向けて、長い期間で活躍してくれるイエローのカーディガンです。表目と裏目を交互に編んで、立体的なボリューム感を演出する畦編みのニットカーデなので、大人可愛く着用できます。

ボトムスには、ワイドストレートなシルエットと、サテン素材の光沢感が大人っぽさを引きたててくれるイージーストレートパンツを持ってくれば、おうち時間でもだらしなさを感じさせず、大人女性の品を醸し出してくれます。また、明るい黄色は、トレンドのアルティメットグレーとも相性抜群なので、グレーカラーのパンツをセレクトするのもおすすめです。
 

2. アルティメットグレー

WEAR

出典:WEAR


グレーカラーは、他の色との協調性が高く、どんな色にも馴染んでくれる頼れる存在。自己主張せずに周囲の色を引き立ててくれる調和の色で、控えめな上品さがあります。

こちらは、そんなグレーカラーのボトルネックニットに、パープルのイージーストレートパンツを合わせたコーデ。保湿効果のあるふんわりと柔らかな素材を使用した、あたたかい着心地のニットは、ゆったりシルエットかつストレスフリーな着心地で、おうち時間に最適です。程よいゆとりのあるボトルネックが、首まわりを華奢に見せてくれる点も◎。
 

3. セルリアン(パウダーブルー)

WEAR

出典:WEAR


柔らかく優しい印象のセルリアン(パウダーブルー)は、大人女性も取り入れやすいので、この春要チェック! こちらは、セルリアンカラーのコートをメインにしたコーデ。毛足の長いシャギーが用いられており、さらに柔らかな雰囲気を醸し出しています。今季トレンドのゆるっと感や華奢見えを後押ししてくれる大きめの衿のおかげで、デニムパンツを投入しても、女性らしさが感じられます。画像のように、ラフに羽織ったエフォートレスなスタイリングから、共布ベルトをキュッと結んだメリハリコーデなど、アレンジの幅も大。

足元に、「NIKE(ナイキ)」のホワイトスニーカーを持ってくることで、爽やかな印象のこなれ感のあるコーデが完成しています。
 

4. グリーンアッシュ(パステルグリーン)

WEAR

出典:WEAR


コロナ禍の今、アウトドアを求める方が増えているといった理由から選ばれた「グリーンアッシュ(パステルグリーン)」。自然を彷彿とさせて、身にまとった途端、癒し効果が期待できるカラーです。

こちらは、春らしい雰囲気を運んできてくれるパステルグリーンのセンタープレスパンツに、 ローゲージニットを合わせたコーデ。パンツは、太すぎない絶妙なシルエットできちんと感を醸し出してくれるセンタープレス。タックも入っており、脚長効果も期待できます。

ニットは、適度にゆるっとしたシルエットが女性らしく、ボトムスとバランスが取りやすい一枚です。INにカットソーを着用して、チラッと裾を見せることで、こなれ感のあるスタイリングが完成しています。

以上、春のトレンドカラーを取り入れたコーデを4点ピックアップしました。これを参考に、冬コーデのマンネリを打破してくださいね!


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。