50代女性におすすめ! 生活感のない、おしゃれのポイント4選

WEAR

だらしなさとは無縁の大人コーデ

「年齢を重ねるうちに、生活感のあるファッションを纏うことが多くなってしまった……」というお悩みが多いのが50代の大人女性。新型コロナウイルス感染拡大によって、おうち時間が増えたことも拍車を掛けて、なおさらおしゃれに気を遣わなくてもよい状況下に。

ですが、せっかく女性に生まれたのですから、いつまでも若々しいファッションに身を包みたいものですよね。そこで今回は、年末年始のおうち時間でも、だらしなく見えない50代コーデのポイントを4つご紹介します!
 

1. テーパードパンツで体型カバーを叶えて 

WEAR

【OKコーデ】すっきりしたシルエットが◎ 出典:WEAR

お腹まわりにお肉がついてきたり、下半身太りが気になる大人女性は、ウエストがゴム仕様のワイドパンツを選ぶ方が多くなっています。でもワイドパンツは、どうしても下半身に目線がいきがち。上半身にボリューム感のあるニットを持ってきてしまうと、残念ながらスタイルが悪くみえてしまい、だらしない印象になってしまう可能性が……。

そこでおすすめなのが、テーパードパンツ。テーパードパンツとは、腰まわりや太ももに程よくゆとりがあり、裾に向かって細くなるラインのパンツのこと。ポッコリとしたお腹や太ももを上手にカバーしてくれるので、50代女性にこそ選んで欲しいアイテムです。

写真のアイテムは、タックを入れることでゆとりを持たせつつ、お腹周りはすっきり見えするデザインのテーパードパンツ。ウエスト部分は後ろのみゴム仕様になっており、楽ちんな履き心地ときちんと感を両立してくれて、だらしなさとは無縁です。タートルインナーにニットをレイヤードすることで、あたたかさも抜群です。
 

2. ワンマイルウェアに最適なリラックスワンピは、ウエストマークを

WEAR

【OKコーデ】ウエストマークすることで、スタイルアップして見える 出典:WEAR

家から1マイル(1.6キロ)の距離、コンビニやスーパーなど「ちょっとそこまで」の服装には、リラックス感のあるワンピースがおすすめです。ですが、ビッグシルエットのワンピースは、一歩間違えると、だらしない印象を与えてしまいがち。大人女性が取り入れる際は、ウエストマークして、スタイルアップを狙うのが◎。

写真は、柔らかく身体にフィットし、ストレスフリーで着られるニットワンピースを主役にしてコーデ。リブ編みになっているおかげで、すっきりと見えるのが嬉しいポイントです。サイドには、今季トレンドのスリットが入っており、アクセントとしてはもちろん、歩きやすさも手に入ります。寒さが気になる場合は、レギンスを重ねるのも◎。

細ベルトでウエストマークすることで、ウエスト部分のくびれを作ることができて、スタイルアップ効果が期待できます。何より、明るいイエローカラーが、気分を上げてくれます。
 

3. とろみパンツで、おうち時間もおしゃれ感を

WEAR

【OKコーデ】とろみパンツで、洗練さを手に入れる 出典:WEAR

先にも述べましたが、ワイドパンツは一歩コーデを間違うと、だらしない印象を与えてしまいがち。年齢にそぐわないルーズな印象にならないように、大人女性らしいおしゃれなリラックス感を演出したいもの。

そこでおすすめなのが、大人の余裕を感じるワイドフォルムのとろみパンツ。ふんわりとしたシルエットと、柔らかくエアリーな質感が、歩くたびに華やかに揺らめいて、だらしなさを感じさせません。ストレッチの効いたウエストゴム仕様なので、おうち時間もストレスフリーで着用可能です。
 

4. 引き締めカラーをうまく活用する

WEAR

【OKコーデ】ブラックを取り入れることで締まって見える 出典:WEAR

「白」「黄色」「オレンジ」などの明るい色や暖色系は膨張色なので、太って見えてしまい、だらしない印象を与えがち……。もちろん膨張色もコーデ次第で細見えが叶いますが、着こなしを間違えると着太りしてしまうので注意が必要です。

そこでおすすめなのが、引き締めカラーのブラック。ブラックカラーは今シーズントレンドに挙がっており、これを活用しない手はありません。ブラックカラーは、コーデに投入した途端、すっきり見えが叶うので、だらしなさを感じさせません。知的で落ち着いた印象になるので、上手に取り入れたいもの。

写真は、リブ編みハイネックニットに、ニットベストをレイヤードしたコーデ。ブラックカラーを選ぶことで、すっきりと見えて、体型カバーにつながっています。

スカートは、レーヨンのしなやかな落ち感がポイントの、オールシーズン着用可能なロングスカートを持ってきて、エレガントに。ウエストはゴム仕様なので、おうち時間もストレスフリーで過ごすことができます。ロング丈で脚が見えないので、スタイルアップ効果はもちろん、あたたかさも手に入れることが可能です。

以上、年末年始のおうち時間でも、だらしなく見えない50代コーデのポイントを4つご紹介しました。参考にしていただけると嬉しいです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。