40代になると似合わなくなる秋冬アイテムに要注意

よく見かけるけど、実は40代になると似合わなくなるアイテムが存在します!

よく見かけるけど、実は40代になると似合わなくなるアイテムが存在します!

秋冬になるとよく見かけるアイテムや、若い頃から慣れ親しんだアイテム。なのに、40代になるとあんまり似合わなくなるものが、残念ながら存在します。

今回は40代の女性が気を付けたい秋冬アイテムと、その対処法についてお伝えします。イマイチと感じたアイテムでも、小さなコツを押さえれば似合うものもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

レトロ感のある柄アイテムは取り入れる場所を気を付けて

【OKコーデ】顔から遠いアイテムで、すっきり着こなすとおしゃれに着られます 出典:WEAR

【OKコーデ】顔から遠いアイテムで、すっきり着こなすとおしゃれに着られます 出典:WEAR

春夏に比べると、色のトーンが落ち着く秋冬シーズン。秋冬らしいカラーを生かしつつ、コーデのアクセントに使えるような柄アイテムも毎シーズン登場します。

ですが、ベースカラーが黒、ネイビー、ブラウンなどシックな色味なので、柄の雰囲気や色使いによってはレトロになりやすくなります。とくに襟付きのシャツやふんわりしたブラウス、カシュクールや首の詰まったロングワンピースなどはレトロ感が目立つものも多いです。

20代ならそのミックス感がおしゃれに見えたりするのですが、顔を明るく見せてくれるカラーではないため、40代だとしっくりハマりすぎ、残念ながら老け見えする場合も……。大人の女性はスカートなど、顔から遠いボトムスで取り入れるのがおすすめです。
 

スウェットワンピは幼いコーデだとチグハグに見えることも

【OKコーデ】濃いめの色とブーツなどの小物使いで大人っぽいスウェットワンピコーデの完成 出典:WEAR

【OKコーデ】濃いめの色とブーツなどの小物使いで大人っぽいスウェットワンピコーデの完成 出典:WEAR

着心地も楽で洗濯も簡単なスウェットワンピース。今年は特におうち時間が長いため、つい着てしまうという人も多いのではないでしょうか。ですが、スウェットワンピースはカジュアル色が強いので、これにスニーカーや大きなキャンバスのトートバッグ、リュックやキャップなどカジュアルな小物を合わせると、子供っぽくなってしまい、チグハグに見えてしまうことも。

スウェットワンピースを着たい時は、まずライトグレーなどの定番カラーではなく、写真のダークグリーンのようになるべくダークカラーを選んで。濃い色味はカジュアル度を軽減してくれます。また、レザーの小物やリッチなストールを合わせると、大人っぽく洗練されたスウェットワンコーデをつくることができます。
 

おばあちゃん風に見えやすいキルティング系アウター

【OKコーデ】明るいライトグレーを選び、きれいめにまとめて洗練されたコーデに 出典:WEAR

【OKコーデ】明るいライトグレーを選び、きれいめにまとめて洗練されたコーデに 出典:WEAR

軽くて便利なキルティング系のアウター。暖かく毎シーズン人気のアイテムですが、このキルティングの雰囲気も、実はほっこり見えやすく、要注意なアイテムです。

カーキ&ブラウン&グレーなどの渋い色ばかりを組み合わせたコーデや、全身をだぼっと覆ってしまうようなゆるいコーデだと、おばあちゃん風に見えてしまう可能性も。

キルティング系のアウターは面積が大きいため、白やベージュ、ライトグレーなどを選んで明るい印象に見せたり、コーデをきれいめにまとめるのが大きなポイント。センタープレス入りのパンツや、ポインテッドトゥのシューズを取り入れる、色をワントーンでまとめるなど、すっきり見えることを意識してコーデしてみてください。
 

ミックス編み、刺繍などほっこり系ニットは要注意

【OKコーデ】ステッチがおしゃれなほっこりニットはスマートにまとめるのが◎ 出典:WEAR

【OKコーデ】ステッチがおしゃれなほっこりニットはスマートにまとめるのが◎ 出典:WEAR

秋冬の定番アイテムであるニット。特に今はぴったりした薄手のものより、ざっくり感のあるゆったりニットがトレンドとしても人気ですよね。

ですが、ほっこり感を強調するデザインは、清潔感やおしゃれさより、懐かしさ、レトロ感が先に立つため、40代の女性にはあまりおすすめできません。

特にいろんなカラーの色が一緒に編まれたミックスニット、刺繍の編み込まれたニットは気を付けて。今年は「グラニーニット(おばあちゃんが着ているようなニット)」など、懐かしさのあるデザインがトレンドではありますが、40代の女性が若々しく、素敵に見えるかどうかはコーデ次第。難易度高めのアイテムです。

もし取り入れたい場合は、ニット以外の部分は辛口に。写真のコーデのようにダークブラウンなどで統一したり、フェイクレザーやセンタープレス、美シルエットのブーツなどをプラスすると、ほっこりしすぎず垢抜けた印象にまとまります。
 

ビーズやビジュー、フェイクパールはチープさが目立つことも

【OKコーデ】ニットにキラキラした飾りが縫い付けられているものより、アクセサリーを足す法が大人にまとまります 出典:WEAR

【OKコーデ】ニットにキラキラした飾りが縫い付けられているものより、本物のジュエリーでプラスした方が大人にまとまります 出典:WEAR

ビーズやフェイクパール、ビジューなどきらきらとしたパーツが縫い付けられたニットは、一枚で華やかに見えるので、毎シーズン登場しますよね。特にホリデーシーズンには重宝するアイテムです。

ですが、40代になると、着てもどことなく似合わなかったり、チープさが目立ってしまうことも……。きらきらとしたパーツが付いているニットは10代、20代の子が好みそうなガーリーさが強いことと、そしてフェイクである分、おもちゃっぽいので妙に輝きが強く、40代の女性の雰囲気からは浮いて見えてしまうからかもしれません。

大人の女性が華やかさをプラスしたい時は、シンプルなニットにリアルなパールやゴールド、シルバーなどのジュエリーを合わせる方が、よりシックに、素敵に見えそうです。

ぜひチェックしてみてくださいね。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。